« クレヨンしんちゃん | トップページ | 浅野いにおさんの漫画 »

2006/05/24

泣く声

何色の声で泣くかで分かるもの恋の声なら夕焼けの色


咳き込む大きな声は、しばらくして泣きじゃくるヒステリックな声にかわった。

かれこれ20分間、彼女は泣きやまない。

ベッドで早寝をしようとしたわたしの隣で彼女は泣いている。理由は分からない。とてもじゃないけど、たずねることができない。

隣と言っても、白い壁を挟んだ隣だからだ。

なんであんなに泣くの?

たぶんだけど、あれは失恋した時の泣き方だ。どうしたっておさまらない感じ、感情がとがった感じ。知っている。
壁を通って彼女の寂しさが伝わってきて、この前の晩はまいってしまった。

|

« クレヨンしんちゃん | トップページ | 浅野いにおさんの漫画 »

コメント

ユメギワちゃん、今日の短歌、そして
文章もとっても好きです
文章の部分は、視覚的にイメージが出来て
なんだか映画を見ているよう。
 今日の歌でぱっと思い浮かんだ写真があったのでリアルタイムで悪いかなぁとおもいつつも
記事でこの短歌を紹介させていただきました
泣きじゃくるっていう表現が文中にあったので
濃い、力強い夕焼けの写真にしてみたんだけど。。
 トラックバックしたんだけれど、私の使っているSeeSaaさんの調子が悪いらしく、最近
トラバがちゃんとできないの。
 なのでリンクさせて頂きました。

投稿: にょろこ | 2006/05/25 13:57

まいってます これまで例がなかった程に

ユメギワさんの書かれたものは、どうすれば入手出来ますか?是非教えて下さい!

投稿: kaname | 2006/05/25 14:43

ちょっと今回のブログは挑戦でした。
こんなブログの文章もありなのかなって。
ありだったのでしょうか。

短歌の方も挑戦でした。
断言している割には、
結局答えがないところが気に入っています。

にょろこさんの写真、今回も素敵ですね。
答えのない短歌に対するにょろこさんの答えだなと思いました。

わたしの答えにとても似ていました。

そして、kanameさん、絶賛しすぎです。
調子に乗ってしまいますよ!ダメだ、危ない。

わたしの書いたもの・・・

短歌で限って言えば、
「牡丹と薔薇」というホチキス止めの冊子をお友達と作っています。
郵送しますよ。ぜひ読んでください。

あと、にょろこさんにもプレゼントした短歌集(大学の卒業制作として作った約500首)をコピーして差し上げることはできます。
とても恥ずかしいですが。

にょろこさんのブログで紹介していただいている短歌はその500首からチョイスしてもらっているんですよ。

にょろこさんがいなかったら、
あの短歌集は埋もれていたはずなんです。

わたしはなんてラッキーなんだろう、
と思っています。

改めて、にょろこさん、どうもありがとう。

投稿: ユメギワ | 2006/05/25 19:30

会社を上がる前にここへお邪魔してよかったです
こちらこそいつも素敵な短歌で胸が一杯になります
 今日のは、赤い水銀の本の中からの抜粋ではなかったので、ちょっとドキドキだったのだけれど
そんな風に言ってもらえてホッとしています

 あと、昨日、携帯にくれたメール、こんにちは、のあとの一行、普通の言葉なのになんかすごくユメギワちゃんの優しさと繊細さを感じました
いつもありがとう。あたしたち ありがとう、ありがとうっていいあってるね(笑)

 今日はこれから友との約束があるので、
私のブログのほうのコメントはまた時間が出来たときにゆっくり書きますネ
 これからも短歌楽しみにしてますよ~

投稿: にょろこ | 2006/05/25 19:46

時間が出来たので、再びkanameです。

緊張感・展開・最後にあふれ出す感情表現の仕方。

上手く言葉にするのは難しいのですが、私にとってユメギワさんの好きなところは、クールで研ぎ澄まされた表現の中に、突如現れるリアルな女の子らしさかもしれません。

”知っている”
ここ凄く好きです。

”この前の晩はまいってしまった。”
これなんて、もう絶品です!

だって、このひとことで私主人公に惚れちゃいましたもん。(”この夜は”でないところに感動しました)

感じる色も泣き声の赤からオレンジ・白い壁(ここの展開上手い!)・こちらの部屋は青・そしてより深い黒に近い青が二人と一緒に建物全体を包んでいくと感じました。(まさににょろこさんの写真イメージですね)

勝手な事ばかり書いてしまってすみません。
(本当はもっともっと書きたいのですが、「いい加減にしろ!」と頭をはたかれそうな気がしますので、これくらいで)

一番最初に衝撃を受けたのが、”甘い猫、その後
”でした。(にゃー。でほんとにユメギワさん好きになっちゃいました。しばらく笑いが止まりませんでした)

絶賛しすぎなんて言わないで下さいね!
まだまだ序の口なんですから(笑)

冊子と短歌集、是非送って下さい!(サイン入りで!)
メールを頂けたら住所送り返させてもらってもいいですし、
住たいる工房阿佐谷・松原あてでもいいです。
http://stylekoubou.com/
(着払いにして下さいね!)

すっごく楽しみにしてます!
ほんとに長々と失礼しました。

にゃー。

投稿: kaname | 2006/05/25 23:27

お2人とも、どうもありがとうございます。

最近読んだ本に、「ありがとう」は、自分の脳にも気持ち良く響くというようなことが書かれていました。

自分の快感のためにもなる。
ありがとうっていいですね。

さて、kanameさんの絶賛のシャワーでこちらはびしょ濡れです。

すごいのは作り手ではなく、それを感じ取る人たちの感性なのに。
その証拠に、作り手はそこまでの想像力を働かせないで作っていたりします。
今回は特にそうですよ。

冊子等は、サインは勿論練習したこともないので印鑑でも押して送りますね。

にゃー。

そういえば、昨日の夢で、猫がふとんに入ってきて、散々腕をひっかかれて傷だらけになっていました。

つい最近引越しをしたので、前のコンビニの猫に会うチャンスが減ってしまったのですが、新居は野良猫が住んでいる街なので、またいい出会いがあるかもしれません。

投稿: ユメギワ | 2006/05/26 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/10227216

この記事へのトラックバック一覧です: 泣く声:

» ■声の色 [写真で綴る徒然日記]
使用カメラ LOMO LC-1 使用フィルム PROVIA100 何色の声で泣くかで分かるもの恋の声なら夕焼けの色 先の記事でみなさんにコメントいただいて 閉鎖するのは先送りにしようかなと思いました 私O型なんですけど落ち込みも激しいが立ち直るも早い 風が心地いい5月なのに..... [続きを読む]

受信: 2006/05/25 14:09

« クレヨンしんちゃん | トップページ | 浅野いにおさんの漫画 »