« A面とB面 | トップページ | 浅野いにおさんの漫画3(最終章?) »

2006/06/02

浅野いにおさんの漫画2

こんな日に限って雨が降ってくる絶望の中でもプチ絶望


浅野いにおさんの「ソラニン」についてkanameさんがいろいろ語ってくださったので、わたしも改めて思いをめぐらせて、また新しく短歌を書いてみました。

この漫画は、プチ絶望について書いてるように思いました。
今は「絶望の重さが軽くなってる時代」であると感じざるを得ませんでした。

自分も含めて、若い人が弱ってきているんですね。
それは、感受性が鋭いという言葉で語れる範囲じゃないと思います。

わたしに限って言えば、
絶対に弱いままでいたくなんかないです絶対。
もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対。

|

« A面とB面 | トップページ | 浅野いにおさんの漫画3(最終章?) »

コメント

「ソラニン」は読んでいないのだけれど。

ちゃんと絶望してこなかったなー。
ちゃんと挫折してこなかったなー。ってよく思う。
もっとダメダメになりたい。
つっこまれる人になりたい。

つい最近、「希望」について考える仕事があって、同時にそれは絶望について考えることでもあったので、「絶望の重さが軽くなっている時代」という言葉がタイムリーでびっくりした。
希望がもてないんじゃなくて、
絶望できないんだよね。

投稿: hatahata | 2006/06/02 19:50

「絶望の重さが軽くなってる時代」・・なんか言葉とは裏腹に重いテーマですね。
時代で言うと、今の人はこの辺がとても弱いけれど、ここだけはやたらタフだ!とか、昔の人はこんなに強いけれど、ここだけはあっけない程もろい・・とか、あるのかな?とかも、思います。

私はかなり個人差を感じているので、”今の若者が・・・”とはあまり考えなくなっている今日この頃です。
たとえば若い人達に接していて色々思う事があっても、ユメギワさんがいるから大丈夫だな!と思ったり。(結構マジで・笑)

hatahataさん、明日お店に「ソラニン」持って来ときますね!

ユメギワさん、色んなとこに書き込んじゃってすみません!

投稿: kaname | 2006/06/03 16:09

「ソラニン」はきっとhatahataさんも
「いい風に読んでくれるのではないか?」
と思います。機会があればぜひ。

それにしても
「絶望の重さが軽くなっている時代」なんて、
偉そうなもの言いでしたね。
今になってかなり恥ずかしい。

わたしが言いたかったのは、
絶望の「事実」というより「解釈」のレベルが
下がっているような気がする、
というものでしたが、
kanameさんのおっしゃる通り、
これは世代の問題でもなんでもなくて、
個人差が大いにありますね。
安易に言ってしまいました。

そもそも絶望なんてわたしは知らないんです。
それに近いことがあったとしても、
あんなものは絶望とは言わない類のものだし。

hatahataさんの言う
「ちゃんと絶望」「ちゃんと挫折」。
まさにその通りだと思います!

「ちゃんと」ってのがそれこそ個人差があって曖昧な尺度ですが、
でも、本人にとっての「ちゃんと」が意識されているか、
「何のため」という意識がされているのか。
それが、重大な分かれ道って気がします。

ちょっとこのテーマで語るには、自分は未熟ですね。

投稿: ユメギワ | 2006/06/05 18:26

ユメギワさん、何いってるんですか!
全然”偉そう”なんて事ないし、ちゃんと意味も伝わってますよ。(^_^)大丈夫!

その上で、こういう側面もあるのかな~程度のコメントなので、そんなに反省(?)されちゃうと、”えっ?えっ?ちょっと待って!って困ってしまってオロオロしちゃいますよ~。

”絶対未熟だなんていわないでね絶対”

って感じです。(この”絶対”好きです!あ、もちろんユメギワさんの・笑)

昨日無事hatahataさんの手に渡りましたので、今ごろきっとソラニンですね!

投稿: kaname | 2006/06/05 20:23

フォローしてくださって、ありがとうございます。
オロオロしないでください!

kanameさんのコメントって
「本当にその通りだなぁ」っていつも思います。
だから、反省っていうほどでもないけれど、
「わたしも同じ意見だな」って、そう思うんですよ。
にょろこさんのサイトでのコメントも、hatahataさんのサイトでも。

それと、hatahataさんの手にも「ソラニン」が!
ライブを経験したことのある方だから、どんな受け止め方をするのか期待大ですね!

投稿: ユメギワ | 2006/06/06 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/10363502

この記事へのトラックバック一覧です: 浅野いにおさんの漫画2:

« A面とB面 | トップページ | 浅野いにおさんの漫画3(最終章?) »