« 池袋の朝 | トップページ | ゲド戦記 »

2006/08/08

ワンダーフォーゲル(泣く声、その後)

手を繋ぎ円になろうよすれちがう前にたった一度でも回ろうよ


いつの間に、隣人が引っ越しをしていた。
結局一度も顔を合わさなかった。
近所の人への挨拶は、
様々な人の忠告もあってしないでいたのだった。

泣いていた彼女の声を思い出す。
そのことは以前「泣く声」で書いた。

このお引越しにもなんらかの関係がある
悲しみの涙だったのかもしれない。
わたしが勝手に失恋と思っていたけれど、
ほんとうはご家族のご不幸だったのかもしれない。

分からずじまい。
なんでも、こちらで決めたらいけないのだった。
あぁ。

一回ぐらい「こんにちは」って声をかけてあげたら良かった。
なにか、かわいいものや楽しいものや美味しいものを
ご挨拶の品として持っていけば良かった。
ピンポンで繋がる距離だったのに。

そのあと別の日に、
二階でいつもPUFFYや木村カエラちゃんを歌う男の子が、
うちのマンションから出るのとすれちがった。
自転車に乗っていた彼は、てくてく歩いているわたしが、
一階に住む人だとは気付いてなかったみたいだ。
(というか、そもそも気にしていないか?)

彼の髪はふかわりょうや雨上がりの蛍原さんみたいな
キューティクルのある黒髪で、夜に輝いていた。
一瞬すれ違っただけだったので、
髪しか見ていなかっただけなんだけど、
黒髪ってあんなに夜に映えるのね。

今度は挨拶できますように。

|

« 池袋の朝 | トップページ | ゲド戦記 »

コメント

声を掛け合った訳でなく、顔もみていない人同士の空間にも
同じアパート(マンション?)に住むというだけで
そこに自分が心の中で独特な関係ができあがってくるものですよね

 例えば私が自宅のpcに向かっている可能性が高い遅い時間に
(私の部屋は通路に面しているので)カツン、カツンと高いヒールで
いつも帰宅する女性。こんな時間まで仕事なら大変だろうなーとか
いや、毎日のんでるのかなーとか。
隣の部屋の子供さんもいるらしき奥さんはおそらく私より年下。
 今彼女が独身で、あるいはお子さんがいなかったら
部屋を行き来する仲だったかなーとか。
そんな妄想の中
私も引っ越ししてから隣人は何する人ぞ。

ピンポンでつながる距離。
ちょっとどきりとする言葉。

夜に黒髪が映える
素敵だねー 次回あったときには
挨拶できるといいですね

投稿: にょろこ | 2006/08/08 23:36

ほんとう、独特な関係ですよね。

ヒールの音で分かる帰ってくる時間とか、
よく聴いている音楽で分かる趣味とか、
気にしていなくても情報として
入ってきてしまいます。

だから、顔をあわせてなくても、
その人に対して親しみが出てきますよね。
それが妄想になる気持ち、わかります。

挨拶できたら嬉しいけれど、
ちょっと照れくさい気もします。

投稿: ユメギワ | 2006/08/09 18:13

そうですか、引っ越されましたか。
なんだか私も全くの他人事のようには感じられなくなっているのが変ですね(笑)
御近所廻りの挨拶って絶対にした方が良いに決まってるのに、女性の一人暮らしってその辺がなにかと大変ですよね。
私が二十歳前後に住んでいた原宿のアパートは2階で、日曜日に仕事休みで夜10時頃に帰って行くと、その音を聞きつけた1階のおばあちゃんが、よく缶ビールとチーズの固まりを持ってきて「ゆっくりやりなさいよ、休みでしょ!」とか言っておいてってくれてましたっけ。
12時頃になると、隣のじいちゃんが部屋の電気を消す”パチッ”て音まで聞こえてましたよ~(あ、寝るんだって・笑)
向かいにすんでる学生さんに、やたらゆで卵ばっかり食べさせられたり、なんか今思うと楽しかったです。
私の感では、黒髪の男の子も意識しているのに照れて知らないふりしてるんじゃないかなあ・・って思います。
是非頑張って、挨拶作戦大成功させて下さい!

投稿: kaname | 2006/08/09 22:31

あら、kanameさんですら他人事じゃないですか。
でも、結局は、妄想上の人なんですけどね。

わたしも、kanameさんの原宿での感じみたいな、
トキワ荘とか池袋モンパルナスみたいな
近所の人との素敵ネットワークを
期待してたんですけど、
ちょっと妄想の規模が大きかったです、
まったくないですね。

ただ、うちは祖母のうちに近いので、
祖母の友人たちがすごく良くしてくれます。
餃子とかジュースをくれます。
だから、わたしもお土産を買っていったりします。

下町の人って、物々交換をいまだにやっているんですよね。
何かあれば物を持っていく祖母は、とても楽しそうだし、
いいなぁと思います。

投稿: ユメギワ | 2006/08/10 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/11339359

この記事へのトラックバック一覧です: ワンダーフォーゲル(泣く声、その後):

« 池袋の朝 | トップページ | ゲド戦記 »