« 多摩川の輪郭 | トップページ | 「ソラニン」小屋 »

2006/08/25

浅野いにおさんの漫画「ひかりのまち」

悲しみが乾いてすぐに消えてゆきまた湧いてきてすぐ乾いてく


浅野いにおさんの漫画「ひかりのまち」
(1巻で完結)を読みました。

舞台は「ひかりのまち」と呼ばれる新興住宅地。

主人公の小学生男子は、
ひかりのまちの団地に住む自殺志願者が
スムーズに自殺できるように段取りを組む
「見届け屋」で小遣い稼ぎをしている。

彼が好きな女の子はこの団地で乱暴された経験があり、
事件のあった現場の近くのバス停のベンチで、
犯人をいつも探している。
いまだ見つからない。

もうこの二人だけでも重たいんだけれど、
実際はもっと重たいんです。
これから読む人もいるかもしれないから、
ネタばれしない程度に感想を書きます。

非常に狭い集合団地の世界で、
ひょんな人間関係の繋がりを見せながら、
うねりをあげてゆくオムニバス漫画です。

とにかく「気まずさ」がよく書かれています。
読み終えてどっと疲れました。
気まずいのって疲れるものですね。

それだけじゃなくて、この疲れは、
登場人物たちの乾きのせいでもあると思います。

漫画に登場する彼らを見ていたら、
よだれたらしたっていいから甘えたらいいのに
と思ってしまいました。

建設的な甘えっていうのはあるはずです。
弱みを見せるのが、強くなるためのステップ、
だったりすることはきっとあります。

誰かの力を借りることで、
自分の治癒力が出てくることって確かにあるでしょう。

なのに「ひかりのまち」の人たちは、
自分しか信じていないというか、
何も確かめないで決めている。
自分を信じすぎているのだ。
やさしいけど、それじゃ、かなしいじゃんか。

そんなんで、「誰がハッピーになるわけ?」※
と思ってしまいましたよ。

※TBS系日曜劇場の「誰よりもママを愛す」で
 田村正和演じるパパの名言。

そんなんじゃ、悲しみの正体を捕まえられないじゃないか。

とがった気持ちで思ったんじゃなくって、
とても寄り添う気持ちでそんな風に思いました。

「がんばれ」という感じで。

ちなみに「ひかりのまち」という同じタイトルの
イギリス映画があるらしい。
同じ街に住む人たちのオムニバス映画。
これも、どこか空しさや気まずさのあるお話らしい。

影響されているのか、関係があるのか、
偶然なのかは知らないけども、
機会があったらこちらの映画も見てみるといいかも。

Photo_1

|

« 多摩川の輪郭 | トップページ | 「ソラニン」小屋 »

コメント

まいったな~、また読んじゃうかも?(笑)

投稿: kaname | 2006/08/25 23:45

「ソラニン」とはちょっと違って、
けっこう、ダークな感じなのですが、
もし余裕があったら読んでみてくださいね。

投稿: ユメギワ | 2006/08/27 11:55

この漫画のことは知らなかったけれど、
自分しか信じられなくてなにかに捕われたかのような
偏った見方しかできないのはかなしいことですよね
 自分を信じられる、自分を肯定できる=他者の意見を
聞くことができる、ことだと思うんだけれどね。
 ユメギワちゃんの記事を読んで、コメントして
ちょっといろいろ考えちゃいました

投稿: にょろこ | 2006/08/27 16:45

そうですね、悲しいことだし、残念なことだと
わたしも思います。

ただ、他者の意見を聞くことのできない立場、
というのはあるんだと思います。
この漫画にはそういう子たちが描かれていて、
つらかったです。

もし彼らが友達だったら、
なんとかして傍に行くのになって思いました。
なにもできない気もするけども。

聞こうとして裏切られたことがあるとか、
聞く以前にうんざりする出来事があったとか、
それでいじけちゃったことは問題だけど、
その人は、今ただ「そういうとき」なだけかもしれません。
けっして「そういう人」なわけじゃない、
と思うようにしています。

投稿: ユメギワ | 2006/08/28 20:32

その人は、今ただ「そういうとき」なだけかもしれません。
けっして「そういう人」なわけじゃない、
と思うようにしています。>

そんな風に思うようにすることが自分のためであったりするね 
私も読んでみようかな。この本。
昨日はニアミス(でもないか)、私のお誘いは(平日)はあんな感じの
お誘いが多いです、ごめんね!会社が早くあがれて、体調もよくて、
しかも誰かと会いたいとき、の三拍子が揃ったとき。
突然でごめんね cocco練習してみたよ(けど無理だった)

投稿: にょろこ | 2006/08/29 10:28

その通りです。自分のためですね。
大正解です!

それから、浅野いにおさんの漫画はおすすめです。
どっかの漫画喫茶でぜひ見てみてください。
貸せたらよかったんですが、
わたしのは友達から借りているやつなんで、
ごめんなさい。

それからそれから、ぜひまたお誘いくださいね。

投稿: ユメギワ | 2006/08/29 20:26

 いまさらながら、ソラニンをまず読んでみました
英語のように結論を先に言うと
想像以上に感情移入ができておもしろかったので、
それと浅野いにおさんの、描く漫画の間のとりかたが
とても好きなので、ひかりのまちも買ってみました
(ひかりのまちはまだおうちに届いていません)

ソラニンってどこかで聞いたことある言葉だなーって
考えてたら、思い出しました
じゃがいもの毒の部分の名称だ

リリー・フランキーさんの東京タワーにもいえることだけど
なにか漠然と自由をつかもうとして
東京にきた芽衣子さんと種田くん

「自由」と一見見えるものをつかんだところで
空虚感や、自由ゆえんにある、
生活の不安とか先が見えない焦燥感とか
そういったものが、つねに心につきまとって、それが
日常にひそむ、おおきな毒じゃない、
でも気がつかないうちにちょっと中毒になってるみたいな
そんな感じがしました

 平凡に生きることがたやすいことじゃない、とかさ、
世の中は紙一重のバランスでなりたっているとか
他人と比べないと自分がわからないのは悲しいとか。

スケールが大きいようで、普段ふつーに生活してても
感じることがたくさん会話の中にでてきて、へんな言い方だけど
うれしくなりましたよ ほんとに。
 

あいちゃんはイカした彼女だね 私が男だったら
こんな女の子に守って欲しいな。 
積み重ねてきたものが一瞬の気の緩みで
壊れてしまう可能性、とか芽衣子さんが種田くんとの関係において
気まずくなるような話ができてないんじゃないかと
指摘するシーン。
言えそうで、自分が惚れこんでいるうちは言えないだろーなー

そして、
大好きで、甘えたいときに甘えることもできて
でもどこかで種田くんとの生活を終わらせたいと
感じている芽衣子さんの気持ち。
言葉尻じゃなくて、いつの間にか芽衣子さんに
目に見えない圧迫感を感じ
追い詰められていった種田くんの気持ち。

 ラブラブに見えても、時間や空気は確実に流れていて
ゆるぎないものなんてない、人の気持ちははかりしれない
だから夫婦や恋人で長くい続けられるのは難しいんだろうなーって
キュンとしちゃいました

なんかごめん kanameさんやhatahataさんはすごく
具体的に書いてらっしゃったけど
私うまくかけないわ。
だから好きなせりふ中心に書いて見ましたが
個人的にはビリーとビリーのお父さんが好きです
というかビリーはタイプだね(笑

種田くんも、きっと女子からみて守ってあげたいって
いわゆる母性本能をくすぐられるタイプなんだろうけど
私の場合はビリー。守ってあげたい感とついていきたい感
両方もちました 近所のおじーちゃんの話は、、ふつーに泣けた。

でも登場人物たちの間でさ、聖人君主みたいなことを
上からいうヤツが全然いなくて
こんな友達なら、ダメな友達でも愛することができるし
立派なことをやってのけたときでも、やりかたやり方、おかしくない?
って思ったときは言える仲になるんだろうなー って思いました

いい本を紹介してくれて
ありがとう 二巻を読み終えたら、
またメールででも感想かきます

投稿: にょろこ | 2006/08/31 00:50

え~!
にょろこさん、ここからいいところなのにメールに行っちゃうの~?
もっと聞きたいよ~!
って我が儘言ってみました(すみません・笑)

投稿: kaname | 2006/08/31 01:06

いまさらでも、にょろこさんの
「ソラニン」の感想、
どうもありがとうございます。

それとそうです、
「ソラニン」はじゃがいものよくないところ。
まさに、そういう漫画ですよね。

にょろこさんがおっしゃるように、
平凡の中にあるの小さな毒が描かれていて、
なんかむずむずさせられますよね。

種田が芽衣子から受けるプレッシャーなんて、
まさにそういう小さな毒。
でも、彼にとっては相当、
重かったんだと思います。

誰が好きかって言われたら、
わたしは種田がファンです。
なぜなら詩が書けるから!それだけ!

にょろこさん、ぜひ
kanameさんのわがままを
聞いてあげてくださいね。

投稿: ユメギワ | 2006/08/31 18:59

どんなシーンがすきかといえばたくさんあるし、
以前の「ソラニン」のエントリーと同じ課題でしたら
hatahataさんと共感するところはたくさんありましたね
hatahataさんと年齢が近いからかしら?
お題があればまた書かせていただきますが。
みんなは2巻はもう読んだのでしょうか
私はまだです。

あ、今おもいついたことでいえば
あのシーンで1巻がおわるのはちょっとずるい(笑)
先を読まずにはいられないですもんね
 私は2巻読んでないから種田君が自殺か否か
実際のところはまだ知らないけど
自殺であってほしくないです
 無意識のうちの抵抗、それが事故となったにすぎないって
思いたいです

投稿: にょろこ | 2006/09/01 11:10

みなさんはもう2巻も読んでらっしゃいますよ。
2巻からがまたいい展開なんです。
ぜひ早く読んで欲しいです。

でも意外な展開についても、
このブログでかなりネタばれしちゃってます。
にょろこさんには申し訳なかったですね。
ごめんなさい。

だけど、出来事がどうとかいう漫画
ではないので、大丈夫だと思います。

ところで、「ソラニン」で検索したら
このページを見つけました。
くー、かわいいです。
http://www.youngsunday.com/rensai/comics/soranin.html

私は浅野さんの描く黒ベタって大好き
なんですけどカラーもいいですね。

物語について、議論のお題は
kanameさんが出してくれるかな、
なんて期待したりして。

投稿: ユメギワ | 2006/09/01 20:12

芽衣子さんの黒髪とかつや具合って
ユメちゃんの黒い髪の毛を思い出しますよ 
まじまじ!

 でも意外な展開についても、
このブログでかなりネタばれしちゃってます>

大丈夫です 
そこの部分、まだ読んでませんでした
明日あたり届くかなー 2巻。楽しみです

投稿: にょろこ | 2006/09/02 01:07

はい、お題提出の御指名しかと賜りました!(笑)
にょろこさん早く読んでね~(ワクワク)
ユメギワさん、またもやロングロングトピックですねぇ。
(煽っちゃってすみません!)

投稿: kaname | 2006/09/02 12:53

記事の内容に関係ないコメントになり、申しわけありませんが、ご縁があって「赤い水銀」の冊子を読ませていただきました。
いろいろな意味で、言葉のもつ力に、あらためて感銘を受けました。
感想にならない感想かもしれませんが、「世界観の違い」に魅力を感じます。
私が経験のしたことのない、色彩や温度、時間や奥行きが、短い言葉の速射に表現され、その疑似体験ともいうような思いをさせていただきました。
ゆめぎわさんの才能を沢山の詩からベクトルをもって感じられる一冊です。

投稿: Pop | 2006/09/02 23:57

■にょろこさん

>芽衣子さんの黒髪とかつや具合って
 ユメちゃんの黒い髪の毛を思い出しますよ 

まあ、なんだか恐縮です。

2巻読み終えたら教えてくださいね。

■kanameさん

ちょっと変な感じでロングトピックになってますね。
また新たにつくった方がいいでしょうか。
お題があるようでしたらつくりますよー。

■Popさん

お初のコメント、ありがとうございます。
「赤い水銀」、読んでくださったんですね。
嬉しく思います。

しかも、とても素敵な褒め言葉。
心から感謝です。

「疑似体験」と言われたのは初めてです。
そんな風に思われるなんて、不思議な感じです。

ぜひまたこちらにもいらしてくださいね。
お待ちしています。

投稿: ユメギワ | 2006/09/04 10:11

2巻 読み終えました。
なんかほんとヘンにロングトピックになっちゃってますね
 ソラニンのほうに書いたほうがいいのかなぁ
ちなみにひかりのまちももうすぐ読む予定です

投稿: にょろこ | 2006/09/04 11:20

わー、ついに読み終えたのですね。
「ソラニン」の新しい場所を、
新たにつくっておきましたので、
なにかあれば、ぜひ書いてくださいね。
「ひかりのまち」もまたそういう場所を
つくるかもしれません。

投稿: ユメギワ | 2006/09/04 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/11602523

この記事へのトラックバック一覧です: 浅野いにおさんの漫画「ひかりのまち」:

« 多摩川の輪郭 | トップページ | 「ソラニン」小屋 »