« 「ソラニン」小屋 | トップページ | 「純情きらり」桜子ちゃんへ »

2006/09/07

霧のお家

目を細めよく見ていてね真っ青な霧のお家に住む青い鳥


朝、雨になりそうだったから自転車に乗るのをやめた。

今夜はたぶん残業にならないだろう。
そう見込んで駅まで歩いた。

歩くのはいい。
たった10分だけど気持ちが整理される気がする。
いろいろな呼吸も感じる。

夜は期待はずれで残業。
駅についたのは11時だった。
雨はあがっていたけどしめっぽい。

駅から私の家までの道程には大きな病院がある。
その病院の隣りは公園だ。
静かで薄暗くてちょっと怖いので普段は歩かないで、
自転車でびゅーっとすばやく通り過ぎる。

のんびり歩いて病院の前を過ぎて顔をあげると、
緑の公園の前だけが霧に包まれていた。

遠くから見てもくっきり分かる、
四角い霧の小屋のようになっている。

病院の前はそうじゃなくて、
公園だけを包むように霧が張っているのだ。

うわぁと思ってゆっくりまっすぐその中を歩いた。
視界は特にかわった気はしない。
でも息をどうしたらいいかわからなくなる。

公園の前の横断歩道を渡り、
コンビニの前でうしろを振り返ると、
やはり公園の前だけにもやが残っていた。

いつ霧から抜けたんだかわからなかった。

不思議な体験。
でも、科学的に考えたら不思議じゃないのかも。
調べてみようと思います。

|

« 「ソラニン」小屋 | トップページ | 「純情きらり」桜子ちゃんへ »

コメント

待ってたの貴方のことをつつみこみ気付いてくれる時が来るのを

何かいたんじゃないですか~(笑)

投稿: kaname | 2006/09/07 19:48

まぁ、短歌をつくってくださったんですね!
なんてつつましいのでしょう。すてきです。

いつの間にか包み込んでくれている人、
いるんだったら名乗りをあげて欲しいですね!

夜の公園は怖いです。そこが面白いけど。
なんか霊的なものがいたのかも・・・

投稿: ユメギワ | 2006/09/08 10:02

>でも息をどうしたらいいかわからなくなる。

息をするのがもったいないくらい、いいものが溶けてたんだ。夜の霧、黒苺のように神秘的、いいな。

夕方が寒くなってくると街灯のガラス覆いに水滴がたくさんつくことがあって、ディスコチックだなあと見上げるから、霧も公園のなかの空気だけが、なぜだかすごく冷えてできたものかしらと想像するよ。ということは、街灯を見れば霧が予測できるかもしんないや。こういうことあれこれ考えるのすきだな。続報楽しみ。
とはいえおばけ注意、ギャング注意だよ。女子23時ダメ!

投稿: oko | 2006/09/09 00:17

okoさん、いらっしゃい。
女子23時、まっさかりです。
歌いながら帰っているので心配しないで。

「黒苺」だなんて素敵な言い回し。
神秘的な自然現象って、
「これ、みんなも気付いているかな?」
ってドキドキしちゃうよね。
近くに歩いている人にも話かけるのは無理だけど、
視線を送ったりして。

あなたのディスコチック観察もすごい。
気にしたことがなかったよ。
お水って魅力的な物質ですね。

投稿: ユメギワ | 2006/09/11 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/11797957

この記事へのトラックバック一覧です: 霧のお家:

« 「ソラニン」小屋 | トップページ | 「純情きらり」桜子ちゃんへ »