« 浅野いにおさんの漫画「ひかりのまち」 | トップページ | 霧のお家 »

2006/09/04

「ソラニン」小屋

浅野いにおさんの漫画「ソラニン」について
言いたいことを共有する場所を新しくつくりました。
言いたいことはこちらにぶちまけてください。
そして、余裕のある人は、聞いてあげてください。

わたしはなんといっても、芽衣子のライブシーンが大好きです。
ライブシーンのある二巻だけあればいいぐらいです。

Photo_2Photo_3

|

« 浅野いにおさんの漫画「ひかりのまち」 | トップページ | 霧のお家 »

コメント

あ、私のお題待ち?もしかして。
すみませ~ん、このところ仕事が和訳茶モードに突入気味で、申し訳ありません!

かなり燃え尽きた感のある私ではありますが(笑)ニューエントリーのにょろこさんと、見参戦のはたはたさんの御主人様に向けて、

【一番共感出来たところ】
 又は【このシーンが好き!】
【種田の死は自殺?】
【あなたならTVを投げますか?】
【芽衣子さんの今後を描いて下さい】
【liveシーンへの御感想】

このあたりで、まずはどうでしょうか?
その上でそのあと、各者つっこんでいく形で。
もし大変でしたら、お好みのお題を一つ二つからでも・宜しくお願いしま~す!

もちろんソラニンマスター(笑)の方々も、書きそびれお題・新たな視点で・等御自由に御参加ということで。
(そのうち新しいお題もきっと発見ですね!)

投稿: kaname | 2006/09/05 22:36

kanameさん、、

もしやプレッシャーになっていました?
だとしたらすいませんです

 ソラニンのお題、ありがとう。ええと、
ちょっと今日はしんどくて書けそうにないので
週末までには書きたいと思います

>ユメギワちゃん
というわけで、すぐに回答できそうにないので
ブログ更新なさって結構ですよ
感想がまとまったら、このトピックスに書こうと思います
 リアル友達にも、ブログ仲間の男の子にもこの漫画を
勧めたので書いてくれたらいいなぁ

 わざわざトピックをたててくれてありがとう
なのにすぐ書けなくてごめんなさいです
近いうち、書かせていただきますね

投稿: にょろこ | 2006/09/06 01:54

みなさん、急がせてすいません。
そして、ありがとうございます!

ここはこのまま置いておくので、
気が向いたときに書くスペースとして、
ラフな格好で来てくださいね!

わたしもkanameさんのお題、
今度改めて書いてみます!

投稿: ユメギワ | 2006/09/06 11:50

 ごめんなさい 今本が手元にないので(会社の人に貸してます)
感じたまま、覚えてる範囲で書きます

【このシーンが好き!】

芽衣子ちゃんのライブのシーンは圧倒的にいいけれど、
ライブ前の最後の練習のときに、ビリーと一緒に河原で
芽衣子が泣くシーン、それから前にも書いたかもしれないけど
近所のおじいちゃんが「これはあんたに」とお手紙をビリーに持ってくるシーン、
これはかなり好きです(というか私が単にビリーを好きなだけかな)

【種田の死は自殺?】

自殺じゃないです(ってこれも前に書いちゃってますね)
たしか、無意識の反抗、みたいなことを書いた気がするけど
自殺だったらいにおさんきらいです つらいよ こんなお話し。

【あなたならTVを投げますか?】

TVは投げないけどもっと長期的に、自虐的になってしまうだろう
 私が思うに、好きな人が自殺か事故かわからないような状態で死んでしまったら、
TV投げるだけじゃすまないと思う。 物を破損するかどうかは別として。
 種田くんのお父さんが芽衣子ちゃんのところへやってきて、
「もし私とつきあっていなかったら・・」みたいなことを芽衣子が
言った時に、お父さんが「でももしそんな風に思ってくれるのだとしたら
息子のことを忘れないでやってくれ」と言ったところで芽衣子の心理描写や
そのシーンは終わってしまいますが、、じわじわり自責の念は自分を苦しめ
苦しめることで恋人への追悼と思いこんでしまうとおもう。

だからもっともっともっともっと自分を責めるんじゃないかな 
だって無意識のうちに種田を追い込んでいたんだよ?
芽衣子ちゃんは「種田がいなくて寂しいよ」って泣いたりするけれど、
実際の生活は(TVを投げるかは別としても)もっと悲惨で、
もっと人を寄せ付けず、寄って来て欲しくなく、
本当に孤独でしかいられないと思います

 それでも。
きっと、種田くんは芽衣子ちゃんに出会えたから、
人生2倍楽しかっただろうな
彼女がいなかったら、彼の人生、楽しさ半分だっただろうな


【芽衣子さんの今後を描いて下さい】
花やの男の子(井上くんでしたっけ?)と付き合うかもしれないけど
またいつか芽衣子自身が自ら好きになる人とであうんじゃないかな。


【liveシーンへの御感想】
いわずもがな 涙。でした
こんな体験できる芽衣子がある意味うらやましい。

投稿: にょろこ | 2006/09/20 19:35

あの漫画の圧倒的にすごいところは
「追悼=亡き恋人の代わりにライブをやる」
という図式だなぁって思います。

にょろこさんがおっしゃる「自責の念」、
それを昇華させた結果として、
泣いたり、テレビを投げたり、
友だちと泣きながら話したりした先で、
(にょろこさんがおっしゃった
 「人を寄せ付け」ないとき、の先で)
彼女が立ち直る術としてライブをやることの強さは、
彼女が彼を好きだった気持ちの強さともあいまって、
見ている人に感動を与えるすごさがありましたね。
いいな、いいな、人間っていいな、って思います。

それにしても、それぞれ感じ方がちょっとづつ違って、
でも、それぞれが大切に読むことのできる漫画ですね。
すごいぞ、浅野いにおさん!

それから、ライブシーンの神々しさは、
登場人物たちの背景とは全く関係なしに、
「ライブってこんなに怖いものだ」
という一般論を見事に表現しているから、
あのシーンは独立した存在として、好きです。
あのページだけ切り取っても好きです。
みなさんはどうでしょうか。

投稿: ユメギワ | 2006/09/21 17:09

やっとこさ明日はお休みで、少し精神的にゆとりのようなものができた気がしますので、
書き込ませて頂きま~す。

にょろこさんも取り上げてくれた河原のシーン、私も一番心に残ってます!
大好きなシーンです(もちろんLIVEの次にですが)

ユメギワさんの「あの漫画の圧倒的にすごいところは~図式だなぁ」

大賛成です!これを描きたいから創ったストーリーなのかなと思いました。
それくらいあのLIVEはカッコイイですね♪
そして、その結果として”とにかく誰か知り合いに読ませてみたい!”
というパワーを持つ作品になったのかなとも思いました。

あと、私としては芽衣子さんが極端な悲しさを表面に見せていないという描き方が、たまらなく好きです。
かえってリアリティーを感じさせてくれる気がしました。

大切なものを失って本当に悲しくて悲しくて死んでしまいたくなるような時でも、
何かおいしいものを一口食べてみると、極端におなかがすいていることに気が付いて、
「ああ、こんな時でも食べるとおいしいものなんだ・・・」と、
ある意味呆然と(笑)した事ってありませんか?

私は何度かそういう経験があって、普通の顔をして普通に見えるように生活して、
でも何かの弾みに堰を切って想いが溢れ出して止めようが無くなってしまう。

っと、ちょっと重くなってしまってすみません(笑)
でも、だからこそプラプラした感じの登場人物たちが、決して真剣に生きていない訳じゃないというか、
理解・共感出来たような気がします。(気がしてばっかですが・笑)

このあたりの感じがソラニンを好きな理由なのかなと、今回改めて思いました。

投稿: kaname | 2006/09/26 21:39

「大切なものを失って本当に悲しくて悲しくて死んでしまいたくなる」経験、
わたしはまだないんです。

だから、kanameさんのおっしゃっていること、
その全ての意味を飲み込んでいるとは言えないのですが、
食事の素晴らしさならよく分かります。

どんなに落ち込んでいても、
何か美味しいものを食べることでエネルギーをもらう。
その恵みのありがたいこと。

つい昨日も仕事でちょっとあって、落ち込んでいたのですが、
お味噌汁を飲んでいたら元気が戻ってきました。
「味噌汁はすごい」って叫びましたよー。

あぁ、重たくない話にしてしまった…つい。

とにかく、生きているっていうのは、
とてもありがたいことですよね。
それから、生きていた、ということも、
ありがたいことだと思います。

投稿: ユメギワ | 2006/09/28 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/11759568

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソラニン」小屋:

« 浅野いにおさんの漫画「ひかりのまち」 | トップページ | 霧のお家 »