« 写真コラボ①まなざしの光 | トップページ | nanoその4:ENDLICHERI☆ENDLICHERI »

2006/10/27

長塚圭史さん作・演出「アジアの女」

感情が麻痺してるから聞かせてよその物語のつづきをもっと

気休めでしかなくていい叶えたいことを君にも敢えて言いたい


物語が発生した歴史とはどんなものだったのだろう。正解は分からないけど、それは希望がキーワードじゃないかって思う。

長塚圭史さん作演出のお芝居「アジアの女」を見た。

舞台は震災後の東京。避難勧告の出ている地域に住む兄(近藤芳正さん)と妹(富田靖子さん)を中心に物語は進む。兄はアル中で妹は精神病だ。母親は妹の看病による心労で父親は震災で生き埋めになって死んだ。

妹は一階に埋まって亡くなっているはずの父親がまだ生きていると信じて、限られた食料を埋もれた一階に隙間から入れ込む。また不毛な土地に畑をつくり貴重な水をやる。芽が出たら配給をもらわなくても食べていけると信じる。一切芽が出る気配はない。兄は健気に水をやる妹に合わせてあげている。

そんな二人の生活を脅かす男が現れる。親の権力と金で作家になった、才能ゼロの男(岩松了さん)だ。むかし兄が編集者として彼を世話していた。

彼はない才能を信じてつまらない物語をつくる。盗作までしてる救いようのない馬鹿。でも最後の最後に、素晴らしい物語を思い付く。妹が不毛な土地に水をあげることから発想した物語だ。とっても美しい話。

物語とは…ということを考えさせられたお芝居だった。

どんなに悲惨な状況であろうとも、人は想像力で乗り越えてゆく力を持っている。

物語とは祈りだと思った。

このお芝居の中に、馬鹿な作家が素敵な物語を思い付くまで、沈黙が30秒ぐらい続くシーンがあった。ゆらゆら帝国のノイズやオーラの泉の江原先生がどっかに通信してるときみたいに延々と続くからドキドキした。

そのときはこちらも物語を練った。どんな物語なのか、想像力をフルに使った魅惑の時間だったと思う。緊張感が劇場に満タンになってた。会場にいる人たちの想像力で満タンだったんだ。

帰ってきてこのお芝居のことを思い返したときに、やっぱりあの馬鹿があんなに素敵な話を思い付くはずない!と思った。もしかしたら、それは妹の実話だったのかもしれないなぁ。そう考えたら衝撃のラストもつじつまが合うのですよ。(そのラストっていうのはもったいないから言わないですよ)

どこまでも長塚さんって人は「物語」が大好きなんだと思う。物語の要は、登場人物にすら託したくない。あくまで自分が書きたいんだ。なんという生き様だろう、かっこいいと思った。それぐらいクールなことがしてみたいね。

短歌は「アジアの女」を見てから発想したもの。

|

« 写真コラボ①まなざしの光 | トップページ | nanoその4:ENDLICHERI☆ENDLICHERI »

コメント

>会場にいる人たちの想像力で満タンにだったんだ。

素敵だなー。その緊張感。
その場に居合わせたかったな。と思った。

このお芝居の話とはちょっと違うんだけど、
最近思っていることがあって、それは、
体に自然治癒力があるように、
心は想像力が整えてくれるんだなってこと。
>物語は祈りだ。
ユメギワちゃんの言葉を読んで、
事実だって、言葉によって、それは物語になるんだよって感じました。

投稿: はたはた | 2006/10/28 10:24

ユメちゃんの記事を読んで私も阿佐ヶ谷スパイダースのお芝居
楽しみになりました
私が取ったチケットはイヌの日だけど、
でもユメちゃんの記事を読んだらこちらも見たくなったな
また素敵な演劇情報等あったら是非お知らせ下さいね

投稿: にょろこ | 2006/10/30 12:48

はたはたさんへ。

そうなんですよ。
緊張感に包まれて、息が苦しかったです。
いい場所になっていました。
緊張感を共有するのって楽しいですよね。

それから、心にとっての治癒力は想像力。
はっ!としました。なるほど!
だからわたしたちは物語を求めるんですよね。
心の治癒力を信じたいなぁって感じました。

にょろこさんへ。

にょろこさんは「イヌの日」行くんですよね。
もう「アジアの女」は終わってしまったのですが、
「イヌの日」もきっといいお土産をくれる作品だと思います。

演劇で、好んで見ているのはこのブログで全部紹介しているので、
他にはおすすめしようもないのですが、
注目しているのは劇作家の本谷有希子さんです。

今、彼女の書いた小説「生きてるだけで、愛」を読んでいます。
女女していて、爽やかさが全然ない作品です。文章が楽しい。
最後まで読んでよかったら、紹介記事を書きますね。

投稿: ユメギワ | 2006/10/30 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/12451761

この記事へのトラックバック一覧です: 長塚圭史さん作・演出「アジアの女」:

« 写真コラボ①まなざしの光 | トップページ | nanoその4:ENDLICHERI☆ENDLICHERI »