« YOSHITOMO NARA + graf A to Z | トップページ | 長塚圭史さん作・演出「アジアの女」 »

2006/10/17

写真コラボ①まなざしの光

まなざしのような光が落ちていて気付いた 二人は二人だったね

3_12


好きだった人とはなればなれになることになった。

ふとした瞬間、
例えば自動販売機でジュースを買うときに、
その人との思い出がよぎる。

それは自動販売機とはまったく関係のない記憶だ。
連想ゲーム10回繰り返して想像するようなこと。
そんな面倒な回路が一瞬にして起こる。

掃除機のコンセント戻すみたいに。
しゅるるるるっ。

はっきり言って、
今の今まで「必要のない情報」として
海馬の中に埋もれていた出来事だったよ。

でも、なんて強烈なんだ、こりゃ。
なんて鮮やかなんだろう。

たぶんそのときの本来の鮮やかさとは違う、
もっと色々なものがついている鮮やかさ、
なんだろう。

その、色々なもの、
鮮やかさをもっと美しくしているもの、
それを信じたいと思う。

真実かどうかではなくて、
自分にとってどうなのかが問題なのだと思う。
解釈の力だ。

悔やんだり、沈んだり、騒いだりするんじゃなくて、
「二人は二人だったね」って終着点は必ずある。

写真は親愛なるにょろこさん撮影。
これまでの作品も素敵です。

この写真にも鮮やかさはないけれど、
見る人が見たら、とても強烈に写るんだろう。
真実かどうかは、あまり関係がないのかも。

こーんな風に、これからたまに写真コラボを実施予定。
今回は記念すべき第一弾でした。
張り切ってちょっと小説風に書いてみました。
にょろこさんのサイトも記事を同じ日にアップしています。
両方でお楽しみください。

|

« YOSHITOMO NARA + graf A to Z | トップページ | 長塚圭史さん作・演出「アジアの女」 »

コメント

とても意味のあるコラボだなぁと、感動しました。
写真だけでも、うただけでもここまでは行けないというか、きちんと字幕のついた映画を見せて頂いているというか、上手く言えないけれどそんな感じです(笑)
ひとつの”世界”ですね!

投稿: kaname | 2006/10/18 07:36

2人のコラボ、待ってました!とても素敵な作品です。2人の個性が合わさって一つのオリジナルになっています。2つになることでより輝きを増しているように思います。

「二人は二人だった」という終着点。たとえ恋が終わったとしても、いつか思い出した時に、そんな風に思いたい。柔らかで暖かなまなざしのような光の中で楽しかった日々を思い出す。そんな穏やかな想いを持てたなら、きっと終わった恋も浄化され、新しい一歩を踏み出せるんでしょうね。

投稿: りぃ | 2006/10/18 09:28

kanameさん、コメントありがとうございます。

字幕のついた映画!
それはちゃんとメッセージが伝わったということなんでしょうか。
だとしたら本当に良かったです。
写真にはすでに意味が宿っているから、
そこをくつがえすようなことを詠むのも厳しいし、
かといってそのままのことを詠むのも芸がないので、頑張りました。
それを「とても意味のあるコラボ」だなんて言っていただけるとは、
こちらこそ感動です。

りぃさん、コメントありがとうございます。

「2つになることでより輝きを増している」なんて、
過分なほめ言葉です。うれしく思いました。
にょろこさんとは今後もいいコラボができる!そう今確信しました。
「二人は二人だった」という終着が、
「柔らかで暖かなまなざしのような光の中」であることに
気付いてくださって感激しています。
どんな関係にもいいところというのは絶対にあるので、
それを悲しみや恨みに潰されてしまっては残念ですよね。

投稿: ユメギワ | 2006/10/18 10:27

ユメギワちゃん、新企画どきどきでしたね!
やっぱりユメちゃんの歌は私の期待を裏切ることがないので
とても感激でした~!
 記事本文にユメギワちゃんの「書く」力が発揮されているナァ
私じゃこんな風にかけないなーってため息がでました
 真実かどうか、にとらわれすぎて、素敵な時間が持てるチャンスが
減ってしまうのはとても寂しいことだと思いました
今まで必要のない情報として埋もれていた、、
私も感じたことあります どうして今になって・・みたいな。
 りぃちゃんとkanameさんのコメントも私もとてもうれしかったです

また、折をみて、第二段、やりましょうねー。
あ、トラバしたかったんだけど、ちょっとサーバの調子がおかしくて
また後でトライしてみるね。

投稿: にょろこ | 2006/10/18 11:23

にょろこさんのサイトでも深い感想を持っていただいた方が多くて、
この企画は大成功だったなぁと思いました。
わたしの記事はお褒めいただいてるけれど、
やっぱり誰かが入りこむ余地がないなと思ったので、
次回のコラボはまた別の形で頑張ります。

それから、素敵な時間っていうのは、
それが真実の顔をしてるのかどうかなんて関係がないですよね。
あと、必要のなかった情報が今になって出てくるのは、
あれはどんな作用なのでしょうね?
脳医学的にもなにか意味があるのでしょうか。

トラックバックありがとうございます。
こんなに意味のあるトラックバックってなかなかないですね。
第二弾、わたし自身も楽しみにしています

投稿: ユメギワ | 2006/10/18 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/12319671

この記事へのトラックバック一覧です: 写真コラボ①まなざしの光:

» ■初・ユメギワwith featuring にょろこ [写真で綴る徒然日記]
まなざしのような光が落ちていて気付いた 二人は二人だったね まなざしのような光、どんな光なんでしょう 私は男性が、ぎらぎらした感じじゃなく、 好きな人や恋人を大事なものとして、そっと見守るような 優しい感じの光をイメージしました 現実に生活をしているとい..... [続きを読む]

受信: 2006/10/18 11:47

« YOSHITOMO NARA + graf A to Z | トップページ | 長塚圭史さん作・演出「アジアの女」 »