« どんなにきみがすきだか | トップページ | 「江古田短歌」発売中 »

2007/05/25

nanoその5:TMN

<i-Pod nanoに入っている曲トリビュート短歌、第5弾>


いつだって一緒にいたのは君だったわたしによく似た君だったんだ


ばかみたいに何回も何回も、気持ちが引き締められてしまう。
それを味わいたいのか何度も何度も聴いてしまう。
そういう曲ってありますよね。


  どんな過去さえも君と乗り越えてきた
  きっとふたりなら何もこわくはない


…という歌詞のところぐっとくる。

この曲を聴いていると、
いつも君が寄り添っていて、
全部一緒に乗り越えてたんだということが、
しっかり感じられる。

その君とは、
誰かではなくて、
わたし自身のことですよ。

家族にも、友達にも言わないで耐えてきたこと、
言わないでおいて良かったと心底、思えるようになった。

だって、
わたしがわたしを慰めては、
強く背中を叩いて励ましていたこと、
じっと我慢して事がすぎるのを二人で待つ時間とか、
恨み言は二人だけで分かち合って
誰のことも本気では責めないでおいたこととか、
そういうことを知らないままでいたかもしれないじゃないか。

それは、かけがえのない体験だと思う。
寂しい、悲しい、辛い、といった少し困る気持ちを、
じっくり味わえない人生はできるだけ選びたくない。

話は戻って、この曲は、作詞家の小室みつ子さんが、
”新しい始まり”というテーマで書いた歌詞だそうです。
「君」は「恋人」のことだったみたいですけどね。

TMNのラストシングル。ラストにふさわしい。
- - - - - - - - - - 
Night of The Knife/TMN
作詞:小室みつ子
作曲:小室哲哉
- - - - - - - - - - 

|

« どんなにきみがすきだか | トップページ | 「江古田短歌」発売中 »

コメント

 ありますねー そんな歌。わたしなんて中学の頃に好きだった歌を
いまだにカラオケでうたっちゃいますよ メロディーラインも大切だけど
歌詞にも入り込んでしまうよね 歌って。
 私自身のことを”わたしによく似た君”っていう表現がとっても
おもしろいなーと思いました。 それは自分でもよくわからない
自分がたくさんいるからということ?

投稿: にょろこ | 2007/05/30 15:25

わたしの中では「わたしによく似た君」というのは、わたしよりももっと冷静で、とてつもなく壮大なやさしさを持って自分を見てくれている自分のことです。それはたった一人です。そっちが生命的な自分。表面的な自分や、一喜一憂する自分は何人もいるけども、そっちの自分は一人しかいないと思います。

・・・なんか、どうでもいいことを論じているような気にもなるなぁ。けど、わたしにとっては大事なんですよ。自分の上に、自分がいるってことが、感動的な事実なんです。

信頼するパートナーのいる人は、そんな自分がいなくても自分の底の方にある気持ちを分かち合えるかもしれませんね。にょろこさんは、どう思いますか?

投稿: ユメギワ | 2007/05/30 19:36

うーむ、、哲学的で難しい問いかけだなー。
なにか、ちぐはぐな答えになってしまうかもしれないけど、
信頼できるパートナーの存在というのは確かに絶大です。
 言葉がなくても暖かい空気でつつんでくれる人がいるというだけで
それだけで自分がとらわれていたことが、とても取るに足らないことに
感じるときだってあるから。
 でも、、なんかちがうなぁ、わたしの記事でも再三書いてきたことだけど
ひとは誰でも個人に還る時間があると思います。わたしにとっては夜一人の
時間なのだけど。
こんな意地の悪い気持ちを持ってしまってー あたしってやなやつ!、とか
私の考えてることって実はドロップ・アウト?なんて
どきりとしてしまっても、そういう自分も自分なんだと認められる瞬間。
 その瞬間のことをユメちゃんが自分よりも冷静で壮大なやさしさを
持って見守っていてくれるもう一人の自分、だと表現しているのだとしたら
私もユメちゃんの感じていることに大共鳴!

投稿: にょろこ | 2007/06/01 15:48

あらら、ちょっと悩ませてしまったでしょうか。

「暖かい空気でつつんでくれる人」だなんて素敵ですね。
自分が誰かにとってそんな存在でいられたら、
とっても幸せなことなんだろうと思います。

そういう人がいても「ひとり」の感覚は必ずある、
というのも予想はできるのですが、
自分以外のみんなにとっては
その割合(「ひとり」と「ふたり」の割合)って
どのぐらいなのだろう?とか、
興味がとってもあります。知りたいです。
それは、もしかしたら割合ではなくて、
もしかしたら足し算なのかもしれませんよね。
いかがでしょうか?(あっ、また聞いてしまった!)

あと、自分が自分なんだと認められる瞬間。
そういうおおらかな気持ちは、
いつでも持っていたいものですね!

投稿: ユメギワ | 2007/06/01 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/15197692

この記事へのトラックバック一覧です: nanoその5:TMN:

« どんなにきみがすきだか | トップページ | 「江古田短歌」発売中 »