« わたしの世界は守られる | トップページ | nanoその5:TMN »

2007/05/09

どんなにきみがすきだか

夕焼けが世界を迎えるときみたく大きな色で君が好きだよ


もう知っている方もいると思うのですが、
わたしは大学時代の友人と「牡丹と薔薇」という
たった二人きりの短歌結社をつくっています。

その相方である友人の塩戸蝶子さん(もちろん筆名)は、
漫画とか小説とか絵本とか音楽とか、
彼女が気に入っているものをよく送ってきてくれます。

最近(といっても1ヶ月以上前ですが)くれたのが、かわいい絵本。

「どんなにきみがすきだかあててごらん」

かわいさに、胸が小さく高い音で鳴りそうな本でした。
グロッケンの音だね。

ちいさなウサギとおおきなウサギのお話。
二匹はお互いがお互いをどのぐらい好きなのかを伝え合います。

チビウサギが先攻で、デカウサギが後攻。
ちいさな、かわいい戦いが始まります。

まずは、体で表現します。
両手を広げて、「こんなにさ」って。
でも、おおきなウサギの方が体が大きいから負けてしまいます。
動きもそう。
デカウサギは大きな体で大きく動けるから負けてしまいます。

でも、最後にはちいさなウサギが勝つんです。
というか、おあいこかなぁ。
というか、勝負じゃないじゃん、これって。
だって、お互いが深く深く好きなんだもの。
なんて素敵なウサギたち。

そして、こんな本をくれた彼女は素敵だと思いませんか。
なかなかやるじゃないか。
改めて、いつもありがとう。

* * * * * * * * * * * * * * *
「どんなにきみがすきだかあててごらん」
マクブラットニィ 文
ジェラーム 絵
小川仁央 訳
/評論社
* * * * * * * * * * * * * * *

どんなに君のことが好きか、君は分かってくれているかな。

わたしだったらこう言おうと思って書いた短歌です。
伝わるかしら。

あなただったらどう言いますか。
もし良かったら聞かせてください。
(別に短歌じゃなくていいんですYO!)

もしくは内緒にしても良いから、考えてみてくださいね。

|

« わたしの世界は守られる | トップページ | nanoその5:TMN »

コメント

一ヶ月どころじゃなく前な気がするが…w

茜さし焦げる宇宙の塵の中きみといっしょにことばをひらく

わがままで短気で、思いつきで生きる私になんやかんやともう何年も仲良しでいてくれるあなたへ。

投稿: ayako | 2007/05/11 00:07

うん、あれは2月でしたか。
ごめんなさい(・・・で済むとは思っていませんよ)

いい歌をありがとう。
焦げる塵、というのがキレイで、
そして、タフな感じがしました。
お返しに贈りますね。

 降ってくる塵を避けずに持っている傘もささずにうたをうたおう

こういう気持ちでがんばろうじゃないか。
牡丹と薔薇。

投稿: ユメギワ | 2007/05/11 10:56

手鏡を火星で開くわたしたちはピンクの空と青い夕焼け

あら、なんだか「鏡の花」の続編(?)みたいになってきちゃったね。
夕焼けは、大気中の塵が乱反射して起こります。
火星では大気の関係で、空がピンクで夕焼けが青いんだって。

なんて、ふぁんたすちっく。
小さいウサギは月まで行って帰ってくるぐらいだけど、ウチラは火星ぐらいかな。
でも、月より近いから、一緒に行けるよね。

投稿: ayako | 2007/05/12 02:24

ごめん、火星のほうが遠いかもしんない。
どっちがどっちかわかんなくなった。
まあいーや、どこだろうとどこまでも、一緒に行こうぜ。

投稿: ayako | 2007/05/12 02:30

ユメちゃん 先日はどうも
直接この絵本のこと、伺っていたけれど
記事を読んで私もかなり!読みたくなりました

 絵本をまだ読んでいないから絵本のイメージと
この短歌はまだ結びつかないけれど
短歌単品で、とっっても私好みです!
 絵本、短歌両方のイメージで私もこの記事に
関していい写真を撮りたいなぁ。
まず絵本を読んでみます。

そして最後に、前回も書こうと思っていたのだけれど、塩戸蝶子という名前がとてもイカしてます!

投稿: にょろこ | 2007/05/14 03:46

ayakoちゃん

「鏡」はわれらのキーワードだね。
解説があって、短歌の味わいが増しました。
いろいろな乱反射を見ていきたいね!

せっかくだからまだ短歌をつなげてみる。

 霧が乱反射して起こるのが夕焼け それが君の夕焼け

「そのまんまじゃん」とは言われたらそうなんだけど。
夕焼けが起こる原因なんて知らなかったから驚きだったの!
ちなみに、地球から火星までは7800万キロ、
月までは38万キロ、だそうです。全然遠いじゃん!!

にょろこさん

こちらこそ先日はどうもでした。
短歌、気に入っていただいてうれしいです。
この絵本の内容とはまったく関係ない内容でつくりました。

ただ「どのくらい好きか」をどう表現するのかを、
キャラクターもいかしているayako氏に、
突きつけられた気がして、書いたんです。
(・・・突きつけたつもりはないか?)

「どのくらい好きか」を写真で表現できたら素敵ですね。
良かったら、いただきものだけど、絵本、貸しますよ。

投稿: ユメギワ | 2007/05/15 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/15010142

この記事へのトラックバック一覧です: どんなにきみがすきだか:

« わたしの世界は守られる | トップページ | nanoその5:TMN »