« nanoその6:YUKI | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダース「少女とガソリン」 »

2007/07/04

「牡丹と薔薇」4号配布開始

友人と二人でやっている短歌結社「牡丹と薔薇」。
季節に一回ぐらいのペースで連作をつくり、
冊子にまとめております。

この度、最新号ができました。
できたて、ほやほや~。

Photo_13




このナイスな表紙は、
PCで絵を描くのが得意で、
センス抜群のご友人の
藤田君に描いていただきました。

絵の中の人物が好き勝手に生き生きしている様子、
その構図の面白さは手にとって見なくちゃ伝わらないぞ。
もったいないよ~、無料で配るなんて!

だ、か、ら、とにかく手にとってね!

相方の短歌は相変わらず凄まじい。
単語のチョイスがキリッとしていて面白いの。
「なんでそれ使うかなぁ」という類の言葉。
でも彼女にとっては、それしかないんだろうな。

欲しい方はご連絡ください。
読んだ方は感想をください。
翼をください。

|

« nanoその6:YUKI | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダース「少女とガソリン」 »

コメント

トラバ有難うございます。
私、まだ誰にも配ってないのですよ…
今週えこたん休みだし。

また、気が向いた頃に5号は取り組みましょう。
皆様引き続きの応援をよろしくお願いします。

投稿: ayako | 2007/07/05 23:19

実はわたしも…まだ配れていない。
先週会った友達に渡し忘れてしまってね。
今度の土日に会う子には自慢気に渡そうと思っています。

また作りましょうね。
吐きそうになるぐらい校正して、力作を!

投稿: ユメギワ | 2007/07/06 00:16

郵送ありがとうー。キャッチしたよ。お店に置いております。持っていってくれたある下町老夫婦と、レジしながらの会話。
「これもらおうかしら」
「どうぞ」
「おい、おい!金とんだろ!」
「タダですよ」
「ふーん、おい!いい本じゃねえか!」

警戒心のとろける感じが素敵。目を引くのに涼しげな表紙だから、五月雨を集めちゃ一句詠みたくなるよ。コラボ大成功じゃない!

以下感想をすこし。
塩戸嬢の短歌の「のたうりと」「食べるのを」「青春を」「プラットフォーム、彼岸」に喚起力を感じました。特に最後のかな。最後のすき!今回は、言葉の硬さと国境というハードボディなテーマの相乗で、ちょっとのどにつっかえた。いつもはもっとひらがな部がひらひらしてんのに、その滑らかさで越境しないブレーキみたいな力をあえてかけたの?と。硬いなら硬いで熱のこもらないのが好いから繰り返す、最後のがすき!

秀嬢。「名づけたら」「消えそうな」「Y字路で」「命、命」特に「消えそうな」がね、あなたの歌に珍しくオブジェでふいをつかれる。灯が点く後半とか。いつでもどこでも思い出す愛し子の誕生だこれは。全体的には上句の瑞瑞しさとに比べると、主に下句の情動パターンが気になる・・・と言うやら何と言うやら(パターンは大切)、希望の「たい」と、否定の「ない」から切り抜いて形作った情動がいつもより目立つように見えたよ。先の愛し子と「命、命」には私が思う秀嬢の歌のスタンダードなよさに加えて旬だなあ、と心ひかれる要素があり、それが潤い成分になってくれたってわけ。上手くいえないな。黒板に大きくに海と山、雲と雨粒の図を描いて伝えたい、この気持ち!


・・・ああ、読めばわかると思うけど、どたばたしています。頂いたシナモンのスケジュールシールがもうなくなっちゃう。だからとりいそぎラフな言葉を紙飛行機にて。ではでは!

投稿: oko | 2007/07/07 01:28

おお~、4号ですか!
また時間ができたら送って下さいね!

投稿: kaname | 2007/07/07 06:52

okoさん

シナモンのスケジュールシールをお粗末な感じであげたのはわたしですが、郵送してくれたのはayakoちゃんです。ありがた。キャッチしてくれたのねー。

お店で、そんな素敵な反応をいただけたなんて!藤田君の表紙に大感謝です。表紙が大切だってことが改めてよく分かったよ。

塩戸さんの短歌の感想、きっと彼女も見てくれているだろう。良かったら、ここで反応を見せてくださいね。

今回のは特に噛みごたえがあるのが多くてハードだとわたしも感じました。そういう中に、ひょいっとやわらかい言葉と、普通の日々の背景があったからドキッとしたのが「食べるのを」。わたしも好きです。

それから、おいらの短歌にも丁寧な感想をありがとう。「消えそうな」は塩戸さんに色々とアドバイスをいただいた上で直したのが、良かった。わかってもらえないんじゃないかと不安だったけど、大丈夫だったね。そして、やはりokoさんに言われたことは塩戸さんにも言われて、言われたくせに直さなかったんだけど、直さなかったくせに今更、反省。ありがとう。勉強になりました。勉強をしていないのがばればれだ。

長っ。

kanameさん

4号です。表紙がかっこいいですよ。
ぜひお送りします。
夏が終わる前に、お会いしたいですね。
では!では!

投稿: ユメギワ | 2007/07/09 13:38

今日はありがとうございました〜
「牡丹と薔薇」もらえて嬉しかったです。読み応えありますね!
やっぱり私が好きなのは、
●名づけたら・・
●今月も・・
●かくれんぼ・・
●命、命、・・ ですかねぇ。
ユメギワさんの言葉のチョイスや視点が素敵です。内容がぎっしりで小説読んでいるみたいですね。

「今月も・・」は、目を開いてこなしていかなきゃいけない現実は厳しかったり悲しかったしすることも多いけど、それでも閉じ続けはしないんだみたいな意志が感じられて私はそこが好きです。
と帰ってから分析してみました。笑

次号もほしいです!お返しにワンピースお貸ししますので、是非下さい!

投稿: nabe | 2007/07/15 01:31

先日はどうもだ。今度は、天気のいい日に行こうね。

それから、こちらこそ「牡丹と薔薇」最新号、
喜んでいただけて嬉しいよ。ありがとう!
短歌に触れたことがほとんどないであろうnabeちゃんに、
「読み応えがある」なんて言ってもらえて光栄です。
短歌の世界もなかなか面白いでしょう。

「今月も・・」はとても平凡な普通の歌だから、
ボツにしようかとも思っていたけど、個人的に好きで、残しました。
色々と考えをめぐらせてくれた、その通りのことが言いたかったの。
心意気(byワンピース/尾田先生)を理解してくれてありがとう。
次号もぜひ読んでね。できたらお渡しします。
表紙もぜひ描いてくださいね。コラボコラボ。

投稿: ユメギワ | 2007/07/17 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/15649754

この記事へのトラックバック一覧です: 「牡丹と薔薇」4号配布開始:

« nanoその6:YUKI | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダース「少女とガソリン」 »