« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/26

島田雅彦「カオスの娘」を抱きながら

僕が言いたいことはすでにもう君には伝え終えている、さあ

悪魔が住むと呼ばれる城は坂の上 僕らは坂のどこにいますか

---------------------------------------------------
島田雅彦の「カオスの娘」を読み終えた。
(タイトルをクリックすると冒頭部分が読めます)

主人公は現代のシャーマン。人の生死を扱うお仕事。
なので、田口ランディの小説のノリでどっぷり読んだ。
だけど、読めば読むほど深みにはまらない。
「そうさせてくれないんだ、ちぇっ」というのが正直な感想。
ポップさが際立ってきて、終わりにいけばいくほど、
軽く読めてしまった。怖いし、悲しいのだけど。
あれあれ、なにこれ、漫画みたいじゃんか・・・と終わる。
なんとも、不思議だった。

シャーマンのお話だから、霊能力が随所に出てくる。
主人公はまだ10代の少年なんだけど、
シャーマンとして人を救おうと使命感に燃えて、
普通の人間からシャーマンになるための修行に出かける。
その修行中の描写は圧巻だった。
こちらにもありありと見えてくるのは、
イマジネーションの世界なんだけど、
軽いデジャヴ感覚があった。

彼が救おうとするのは、誰もが振り返るほどキレイな少女。
目も耳も鼻さえも覆いたくなるような運命を背負っている。
殺人とか監禁とか夜の世界とか裏切りとかテロとか、
社会のあらゆる悪にあっという間に巻き込まれていく。
その悲惨さは淡々と表現されていて、
スピード感はないのにあっけなく過ぎていった。

ただ、悲惨は悲惨なんだけど、暗い気持ちに終始せず、
むしろ軽いタッチの文章で描かれている。それが逆に怖い。
これが噂の「ライトノベル」?
文体と内容のギャップが、
鉛のスプーンを嘗めているみたいな気持ち悪さとして残った。
いやーな感じだ。
感傷を許さないのかも、と漠然と思った。

その「感傷を許さない」というのは、
現代の霊能力への感傷的な態度に対する批判に繋がる気がした。
美輪さんや江原さんとか、そういう「見えている」人たちに対する、
強すぎる羨望(強すぎる不信感も含めて)への皮肉というか。

シャーマンとか夢のお告げって、もっと身近にあって良いのでは?
別に「見えている」人たちだけの特権ではなくて、
昔は自然の中にあって、誰でもそれが理解できたんだってよ。

作者は、今の「オーラ」ブームに乗っかって、かいくぐって、
本当のメッセージを述べようとしている??
その方法を、美輪さんもやっている気がする。
そのメッセージって実はたいしたことのないことなんじゃないか。

・・・散々熱く語っておいたけど、全部わたしの妄想です。
ちょっと、いきすぎた感じがあるなぁ。
でも、そうさせるパワーのある小説です。
なんだかんだ言って、作者の本当の意図は分からないしね。
単純に、映画化やドラマ化(テレビ朝日の夜中あたり)を目的にもしてそう。
主人公は神木君なんていいなぁ。
チープに仕上げてほしい。2時間ドラマみたいに。

たとえば、こんな感じでしょうか?
意味がわかんない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/07

nanoその7:ドリカム

<i-Pod nanoに入っている曲トリビュート短歌、第7弾>

太陽が落下してくる音がする君と僕だけ聞こえるように


ドリカムの「きみにしか聞こえない」。
この曲の壮大なムード、そして、歌詞がすばらしくて、
しょっちゅう聴いています。


 きみにしか聞こえない この声は今でも
 呼び続けてるよ 届くように 繋がるように
 きみの名前を何度も

という歌詞で、前奏なしで始まります。
例のあの、切ない感じの声で。
そして、ピアノが絡んで、壮大に広がっていく。
大合唱して終わる様子は、
あの名曲「LOVE LOVE LOVE」みたい。

終わってしまった恋を切なく想う歌。
ぱっと聴いていると、そういう感じなんだけど、
よくよくこのお話を読み解いていこうとすると、
「きみ」は特定の誰かじゃなくて、
「きみ」という不特定なんだなって気がしてきます。

「一人」にこだわるのではなく、「人」にこだわる物語。
だから、悲しい感じがしなくて、
平和なムードが漂っているのかなぁ。

「あなた」は、うつりかわる。
それって、悪いことじゃないです。

それから、

 名前を呼ぶたびにまだ まるでここに 
 きみがいるように 胸があたたかくなるの

という歌詞があるんだけど、こういうことってあるね。
好きだった人の名前を口にするだけで、力がみなぎってくること。

もちろんいい恋をした相手の名前もそうだけど、
たとえば、わたしは「お母さん」って口にすると、
なんか、ふしぎなものに包まれます。
誰かの名前には、魔法が含まれているに違いない。
間違いない。

070811_175602


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »