« サイクルサイクル | トップページ | 島田雅彦「カオスの娘」を抱きながら »

2007/09/07

nanoその7:ドリカム

<i-Pod nanoに入っている曲トリビュート短歌、第7弾>

太陽が落下してくる音がする君と僕だけ聞こえるように


ドリカムの「きみにしか聞こえない」。
この曲の壮大なムード、そして、歌詞がすばらしくて、
しょっちゅう聴いています。


 きみにしか聞こえない この声は今でも
 呼び続けてるよ 届くように 繋がるように
 きみの名前を何度も

という歌詞で、前奏なしで始まります。
例のあの、切ない感じの声で。
そして、ピアノが絡んで、壮大に広がっていく。
大合唱して終わる様子は、
あの名曲「LOVE LOVE LOVE」みたい。

終わってしまった恋を切なく想う歌。
ぱっと聴いていると、そういう感じなんだけど、
よくよくこのお話を読み解いていこうとすると、
「きみ」は特定の誰かじゃなくて、
「きみ」という不特定なんだなって気がしてきます。

「一人」にこだわるのではなく、「人」にこだわる物語。
だから、悲しい感じがしなくて、
平和なムードが漂っているのかなぁ。

「あなた」は、うつりかわる。
それって、悪いことじゃないです。

それから、

 名前を呼ぶたびにまだ まるでここに 
 きみがいるように 胸があたたかくなるの

という歌詞があるんだけど、こういうことってあるね。
好きだった人の名前を口にするだけで、力がみなぎってくること。

もちろんいい恋をした相手の名前もそうだけど、
たとえば、わたしは「お母さん」って口にすると、
なんか、ふしぎなものに包まれます。
誰かの名前には、魔法が含まれているに違いない。
間違いない。

070811_175602


|

« サイクルサイクル | トップページ | 島田雅彦「カオスの娘」を抱きながら »

コメント

お久しぶりです。
私もこの歌、とても好きです。
歌詞とメロディーがとても胸に響きますよね。
初めて聞いたとき、自然に涙が出ました。

愛しいと苦しいは少し似ている。という部分。
とてもよくわかります。
離れていても繋がっている。1人じゃない。そう思える曲ですね。

短歌と写真もとても素敵。

ユメギワさんの手にかかると、トリビュート短歌が、その歌の世界を深め、更にまた別の世界観を感じさせてくれるようなそんな気がします。

「太陽が落下してくる音」どんな音なんだろう。
写真を見ながら、想像をめぐらしてみたりして。
いろんな世界が広がって心が解放された気分になりましたよ。

投稿: ちぇりこ | 2007/09/07 22:14

ちぇりこさん、ご無沙汰しております。
この曲、とてもいいですよね。
ちぇりこさんのように、大切に聴いていらっしゃる方が、
たくさんいる曲なんじゃないかなと想像します。
解釈も色々な方向からできる歌詞だと思うし、
メロディは壮大で、カラオケで歌ったら気持ち良さそうです。
極上のポップソングですね。

短歌と写真もほめてくださってありがとうございます。

「太陽が落下してくる音」ってどんな音だと思いますか。
人によって、想像している音が違いそうですね。

投稿: ユメギワ | 2007/09/10 10:38

この前は私が歌っちゃってごめんね(笑)

私にとって「きみ」は、唯一の存在だな。
ホント、名前を口にするだけで、
恥ずかしくなったりするけど、元気が出る存在。
だけど、それは本当にコロコロ変わるから。
だから平和なんだね。

今度はユメギワちゃんが歌う「きみにしか聞こえない」
聴かせてください。

投稿: naco | 2007/09/11 09:23

nacoちゃんの歌いっぷり、良かったよ!
上手です。
ぜひまたカラオケに行きましょうね。

本当、口にするだけで元気や勇気の出る名前、
そんな存在っているものだよね。
その相手にとっては、
わざわざあなたがそうなんて言わないから伝わらないけれど、
何かしら、恩返しができているといい。
誰かにとって私もそうあれたらなぁ。

投稿: ユメギワ | 2007/09/12 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/16373007

この記事へのトラックバック一覧です: nanoその7:ドリカム:

« サイクルサイクル | トップページ | 島田雅彦「カオスの娘」を抱きながら »