« nanoその7:ドリカム | トップページ | 「レコメンダー」最新号に寄稿 »

2007/09/26

島田雅彦「カオスの娘」を抱きながら

僕が言いたいことはすでにもう君には伝え終えている、さあ

悪魔が住むと呼ばれる城は坂の上 僕らは坂のどこにいますか

---------------------------------------------------
島田雅彦の「カオスの娘」を読み終えた。
(タイトルをクリックすると冒頭部分が読めます)

主人公は現代のシャーマン。人の生死を扱うお仕事。
なので、田口ランディの小説のノリでどっぷり読んだ。
だけど、読めば読むほど深みにはまらない。
「そうさせてくれないんだ、ちぇっ」というのが正直な感想。
ポップさが際立ってきて、終わりにいけばいくほど、
軽く読めてしまった。怖いし、悲しいのだけど。
あれあれ、なにこれ、漫画みたいじゃんか・・・と終わる。
なんとも、不思議だった。

シャーマンのお話だから、霊能力が随所に出てくる。
主人公はまだ10代の少年なんだけど、
シャーマンとして人を救おうと使命感に燃えて、
普通の人間からシャーマンになるための修行に出かける。
その修行中の描写は圧巻だった。
こちらにもありありと見えてくるのは、
イマジネーションの世界なんだけど、
軽いデジャヴ感覚があった。

彼が救おうとするのは、誰もが振り返るほどキレイな少女。
目も耳も鼻さえも覆いたくなるような運命を背負っている。
殺人とか監禁とか夜の世界とか裏切りとかテロとか、
社会のあらゆる悪にあっという間に巻き込まれていく。
その悲惨さは淡々と表現されていて、
スピード感はないのにあっけなく過ぎていった。

ただ、悲惨は悲惨なんだけど、暗い気持ちに終始せず、
むしろ軽いタッチの文章で描かれている。それが逆に怖い。
これが噂の「ライトノベル」?
文体と内容のギャップが、
鉛のスプーンを嘗めているみたいな気持ち悪さとして残った。
いやーな感じだ。
感傷を許さないのかも、と漠然と思った。

その「感傷を許さない」というのは、
現代の霊能力への感傷的な態度に対する批判に繋がる気がした。
美輪さんや江原さんとか、そういう「見えている」人たちに対する、
強すぎる羨望(強すぎる不信感も含めて)への皮肉というか。

シャーマンとか夢のお告げって、もっと身近にあって良いのでは?
別に「見えている」人たちだけの特権ではなくて、
昔は自然の中にあって、誰でもそれが理解できたんだってよ。

作者は、今の「オーラ」ブームに乗っかって、かいくぐって、
本当のメッセージを述べようとしている??
その方法を、美輪さんもやっている気がする。
そのメッセージって実はたいしたことのないことなんじゃないか。

・・・散々熱く語っておいたけど、全部わたしの妄想です。
ちょっと、いきすぎた感じがあるなぁ。
でも、そうさせるパワーのある小説です。
なんだかんだ言って、作者の本当の意図は分からないしね。
単純に、映画化やドラマ化(テレビ朝日の夜中あたり)を目的にもしてそう。
主人公は神木君なんていいなぁ。
チープに仕上げてほしい。2時間ドラマみたいに。

たとえば、こんな感じでしょうか?
意味がわかんない。

|

« nanoその7:ドリカム | トップページ | 「レコメンダー」最新号に寄稿 »

コメント

親切設計で冒頭が読めるから、スプーンの味がよくわかった。確かに、足場とバランス感覚がかみ合わなくて、頭の内の万能感に捕らわれているかんじだね。
島田さんは初めて文章に触れたので世界が広がったよ。なるほどわかった、は、まだ早いかもだけど。フム。

「感傷を許さない」のくだり、テンションを調整した言葉がまとまっててすごい。こういうことはなかなか読めないからうれしかった。精神史については、島田さんの時代→江原さんの時代という流れで私はマーブルに考えているし、ジャンルに対して自分の言葉を持って話そうとしている人は多いよ、だから妄想だとは思わないな。思考に感情の動きを認めるとどうしても矛盾が出るから「なかったことにしよう!」という流れは強くて、その矛盾をリアリティの軸にできるような繊細さは結晶し難いけれど、今回のユメ嬢の言葉はとくに繊細で、こころ温まる。

以前から聞いてみたかったのだけど、よしもとばななさんの「なんくるない」(表題作)はどうだった?私は文庫で読んで、最初(好き)と最後の収録作とあんまり方向感覚がずれているようで、だめでした。ばななさんは繊細さとやさしい感触が独特だけど、「なんくるない」は主人公が〝大きな力〟の前で、人や自分の悪意を引き受けられなくなっている様子に、読んでて淡々とできなくなってしまって弱ったよ。描写されている人のやさしさがフィクションの領域にはいっている、ということに追いつけなくなったのかもしれない。もともとが本なのに、やーね!でも、そのうち印象を聴かせてもらえると嬉しい。

秋だね。いわし雲が見たいなぁ。近々、ゆるやかにご連絡するよ。

投稿: oko | 2007/09/26 23:21

ユメギワちゃん や、やはり読まれたのですね(笑)
ユメちゃんの意外な感想に驚きました 後に行くほどライトなんて。
お会いした時点では、冒頭部分しかまだユメちゃん読んでいなかったので
どうなんだろ、っておもってたけど、なるほどねー

以前はなしてくれた「集中の力」にしろ、デジャヴの感覚にしろ
誰でもふとしたときに感じることってあるよね それをなんでも”スピリチュアル”
の流行にのせさせようっていう風潮はどうかと思うねぇ

そうそう おやすみプンプン、まだ発見できず!人気ありすぎなのかしら。

ところで、
OKOさん、私はユメギワちゃんからなんくるないを頂いて読んだのですが
私はあの本大好きだけどやっぱりなんくるないのトラのキャラ
(若すぎて純粋と呼ぶのも気恥ずかしく感情移入できなかった)や
ピンキーちゃんの過去の浄化のさせ方、
ダメだったことをもともとダメだときまっている運命だった
みたいに捉える感は私も気になりました、
表題となっているお話だけど
一番しっくりこなかったです 第一話目や2話目はすんごく好きでしたけど。
(お二人さま、横槍ごめんなさい )

投稿: にょろこ | 2007/09/27 12:47

●okoさん

書いていること、伝わったみたいで良かったです。何より、初めて島田雅彦の文章に触れることとなったのだから、良かった。この出だし、私はすっごく好きなんだ―「夢は売ったり、買ったりすることができる」。

「感傷を許さない」のくだりは、自分に対する戒めでもあります。感傷的になりがちで、振り回されることがあるから。この小説の読み方もつい、浸かりそうになってさー。「なんて可哀相なんだろう」とか「こんな酷い世の中、狂ってる!」って流す涙は違うんだなって、足踏みができた。それが島田雅彦の筆力? 今もう一度読み直しているので、その辺りも確かめるつもり。

okoさんの言う「矛盾」への追求は、ぜひ、諦めないようにしたいものです。思考も大事だし、感情も大事だからね。でも、振り回されないように。それに尽きます。

秋。焼き芋したい、焚き火がしたい。一緒にまた語り合いましょうね。なにか、発見させてくださいな。色々考えを聞かせてね。

●にょろこさん

はい!やはり立ち読みでは済まなくなって、かわずに、図書館で借りました。にょろこさんとの約束があったからこそ読めたなぁ。あらゆる待ち時間のおかげで(笑)…ありがとうございます。

「スピリチュアル」って特殊なことじゃないって意識はどんどん育っていっている気がします。でも、それを「奇跡」と呼び続けていきたい部分もありますよね。今起こっていることの「サイン」を、とにかく読み取りたいなって思います。その辺はミスチルの「サイン」に唄われていましたね。大好きな曲です。

「おやすみプンプン」はamazonで中古もありましたよ。とか言って、私も借りただけなので、貸せないから残念。

●お二人へ

「なんくるない」のことはもう一回読み直してから語ろうと思います。下手に書いて、間違っていたら大変だから。プレゼントした癖に自分は持っていないという…。それも図書館で借りたんだもの。このようなコメントの流れを予知して、今朝図書館で予約しといてよかった。とにかくお待ちを。

投稿: ユメギワ | 2007/09/27 15:54

okoさん、にょろこさんへ

「なんくるない」を読み直しました。私はこの短編集の中では「なんくるない」が一番好きでした。主人公のことは魅力的だと思わなかったけども(トラと別れた旦那さんは好きでした)、夢に対する真摯な態度が気に入ったのでした。夢はメッセージだと常々思っているから、この小説での夢の描かれ方も好きです。

okoさんは、最初「ちんぬくじゅうしい」と最後の作品「リッスン」の二編と、「なんくるない」で、方向感覚がずれていると言っているんだよね。それって、どんなところ? 考えてみたけど、ぴんとくるものがなかったので、聞いちゃえって思って。

それから、okoさんの「人や自分の悪意を引き受けられなくなっている様子に、読んでて淡々とできなくなってしまって弱った」というのは、あの本屋での出来事らへん?? 違うかな。私は、主人公が本屋で一方的に非難されたとき、「言いたいことが言えてよかった」って思っている感じが理解できなくて、弱った。そこまで思わなくても・・・って。でも、しんどかったときだから、ありえる。

それと、逃げることも正しいときがあって、全く逃げようとしない人に対しては、この小説は生きると思います。私も昔読んだときは、ほっとした気がします。にょろこさんの言う「ダメだったことをもともとダメだときまっている運命だったみたいに捉える」という点も、主人公が自分を防御する意味では必要なことなのだったんですよね。そういう風に思うことで、力をつける場合もあるし。過去の浄化のさせ方についても、彼女にはその方法が合っていたんでしょうね。それが、全人類の結論ってわけじゃなくて!

あと「やさしさがフィクション」というのは、旅だからじゃないかな。今しかないと気付いていたら、人はやさしいです。

投稿: ユメギワ | 2007/10/09 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/16580177

この記事へのトラックバック一覧です: 島田雅彦「カオスの娘」を抱きながら:

« nanoその7:ドリカム | トップページ | 「レコメンダー」最新号に寄稿 »