« 文学フリマに出店します | トップページ | 乙女会文芸部サイトスタート! »

2007/10/30

とことん

キーパーがいないゴールへ尽きるほど右足の影を見せつけている

思いきり蹴ったボールがプランターはじいてあたしを振り向かせたの


週末はカメラ好きのご友人と撮影へ。
そのご友人からデジタル一眼レフを借りている。
まだまだ何も分からないで撮影している。

二人で撮影に出たのは初めて。

雨の翌日の晴れ間は気持ちいい。
待ってました、の空気がある。
その空気の一つとして、
少年が校庭でサッカーと野球に興じていた。

その小学校にカメラをさげて入った。

校門、鉄棒、ジャングルジム、
サッカーのゴールネット、下駄箱、傘立て、
一輪車、階段、池の鯉、木の椅子、
上履き、プランター、PTA室。

つい写真を撮るより単語を拾うのに夢中に。
学校、たまらん! ときめく!

一方、ご友人の方はとことん撮っていた。
あっちに行ったり、こっちに行ったり、
ずーっと同じ場所にいて待っていたり。

「とことん」ということを思い出させてもらった。

子供の頃は「とことん」色々やっていたっけ。
わたしは吹奏楽部で打楽器パートをやっていて、
木琴を練習していたときがあって、
演奏会に向けてひたすら同じフレーズをやっていたら、
「もういいかげんにして」と言われたことがありました。
気付いたら外が真っ暗になってて。

そういう場面が今は減ってきた気がする。
たまに、あるけど。

さて、その写真の友人とはminさんのこと。
ご結婚をきっかけに新しいブログを始められました。

「Remember aquatic days」

「とことん」な写真たちをどうぞご覧あれ。

子供の頃のような情熱を残したまま、
客観性を持って緻密に作品に取り組んでいる、
すばらしい作品の群れだなぁ。


|

« 文学フリマに出店します | トップページ | 乙女会文芸部サイトスタート! »

コメント

うわーなんかあたしが情熱のアーティストみたいに
書かれてる〜。
 とことん、とかけば聞こえはいいけど
カメラとなると別スイッチが入るようで
 私があの光りの状態のなか
写真のイメージを思い浮かべていた間
ユメちゃんは言葉で歌のイメージを
つくっていらしたことを知り
ほうっておいて大丈夫な人と
撮影に出かけることの楽さに感謝します

 写実的な写真ではなくイメージ写真を撮るときは
イメージは瞬間勝負でたいてい撮りたい被写体に
であうとイメージがわきます、、
というより仕上がりのイメージが浮かんだときに
シャッターを切っているのかもしれませんね

 ユメちゃんはどっちかしら。
単語が先で歌ありきか、
歌のイメージが先で単語ありきか。
以前、私も自分のサイトで書いたけど
ちょっと前までできていた
「集中力の細分化」(たとえば、少し時間の開いたときに本を読む)
がもっと若い頃よりできなくなっている気がしています
 そんな中スイッチがはいってとことんになれる時間って
本当に貴重。

 あの日あの光り、小学校と出会えた事
またユメギワちゃんの地元へ遊びに
行きなさいと写真の神様が私にささやいていたのかも。
 そして杉戸洋さんにもかなり触発されました
また素敵なアーティストを紹介してくれてありがとう
 早くめいっこさんのお写真おわたししたいわ
自己満足ながら、可愛らしい仕上げの写真となっております

投稿: min | 2007/10/31 01:48

先日は一緒にいて楽しかったです。
一緒に出かけて個人行動をするというパターン、
大好きです。またぜひ行きましょうね。
minさんのキレイな写真の秘密が見れたようで、
得した気分でした。

「単語」と「イメージ」は、
どちらが先という法則は全くなくて、色々です。
わたしの場合しっくりくるのは、
「イメージ」というより「シーン」なんですが、
伝えたいと感じる「シーン」は、
自分が伝えたいと感じている「メッセージ」に、
絶対に繋がっているものですねえ、ふしぎ。
あとになって気付くことが多いですけども。

杉戸さんのカタログや姪の写真など
色々と見せて反応していただいたこと、
誇れるわが近所を気に入っていただいたことも、
嬉しかったです。
また遊びにきてくださいね。

投稿: ユメギワ | 2007/11/01 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/16922504

この記事へのトラックバック一覧です: とことん:

» ■わたしの課題 [Remember aquatic days]
 --Quiet talk of fallen leaves on the water “Remember aquatic days” のサイトの意味をたまに聞かれます 直訳すると、そのまんま“水の中の日々を思い出して”なんだけど 海や渓流といった自然界の水が好きなので 水にまつわる単語をサイトのタイトルにいれ...... [続きを読む]

受信: 2007/10/30 19:27

« 文学フリマに出店します | トップページ | 乙女会文芸部サイトスタート! »