« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/31

美学―爆笑問題のニッポンの教養を見て

短歌を詠まない記事が続きます。

先日「爆笑問題のニッポンの教養」を見ました。
テーマは「美学」でした。

太田さんが普段から考えていることを
がーっとお話をされていたのが印象的でした。
ゲストよりもおしゃべりでした!

共感したのは、
「あらゆる美は聖書を目指す」
とかいう話。

おおすじはこんな感じ。

 聖書はあらゆる寄せ集めである。
 一人でつくれるようなものではない。
 爆笑問題のネタでも、
 こりゃ、最高におもしろいと感じるのは、
 お客さんもいいとき。
 自分だけではダメだし、
 田中みたいな馬鹿がいてこそ、
 おもしろいんだ。
 色々な力が集まって、いいものになる。
 美ってそういうもの。

だいぶ私の主観が混じっていますが、
そんなようなことを言っていたわけです。

これを試しに、短歌に落とし込んでみる。

私がいくらしゃかりきに、
「うーん、これは言い切ったぞ」
と思うような短歌があったとして、
短歌そのものの完成度以上の「美」が、
人の心の中に起こっているかもしれない。
その時点で作品はもう作者のものじゃない。
そうやって作品は鑑賞されていく。
そのことを認めるとちょっとは楽になるかな。

そんなことを考えていて、もうちょっと飛躍して、
じゃあ、こう言えるよなと思った。

 「美」は発見されなければ決して「美」にならない。

それって当たり前のことだけど、改めて、ちょっとびっくりした。

まだ発見していない「美」の無尽蔵の可能性。
そこに思いをはせるとめまいをおこしそう。
見逃してきた「美」だってあるはずだ。
今、そこにあって、気付かないでいる「美」も。
あえて気付いてたまるかと思っている「美」もあるね。
それはよくあるわ。

あなたの周りにはどんな「美」がありますか。
よかったら、教えてください。そして、気付いてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/24

ブラウニングさんへ

今日は短歌はお休みです。

「言葉とは。」の記事にて、
okoさんが教えてくれた英語の詩
ブラウニング「ピパが通る」
―その詩の訳詩を募集するコーナー。
つくってみました。

皆さんも辞書をひくなり、勘で書くなり、
やってみてはいかがですか?
これは英語のテストではありませんので、
独自の世界や解釈を教えてください。

(原詩)
The year's at the spring,
And day's at the morn;
Morning's at seven;
The hill-side's dew-pearl'd;
The lark's on the wing;
The snail's on the thorn;
God's in His heaven--
All's right with the world!

参考までに。
●上田敏訳
時は春、日は朝、
朝は七時、片岡に露みちて、
揚雲雀なのりいで、蝸牛枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
なべて世は事も無し。

さあ、どうぞ。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008/01/22

言葉のリレー

「がんばれ」と言うのが好きなそのわけは言葉のリレーを知っているから


たまには仕事のことも書こうと思う。

広告制作会社に勤めて4年目になる。
大学を卒業してすぐ入った会社だ。
広告の会社だからまあ忙しい。
終電で帰るときもたまにあるし、
終電を逃したことも何回かある。

甘ったれの私がよくやっていると思う。
ふんばっているのは、
とあるクライアントの部長さんが
いてくれるからだ。

私を厳しい目で可愛がってくれるその人は、
同じ会社ではないけど上司のような存在。

リーダーシップがあり、情に厚く、
決断力があり、人を立場で差別しない。
私みたいに末端の子も大切にしてくれる。
この人と一緒に仕事ができることが、
私にとって最強の幸運だと思う。
彼に褒められたいから頑張る。
褒められると嬉しいし、
本気で喜んでくれることも嬉しい。

その方の人事異動が決まった。

もう今までのように一緒に仕事はできない。
正直ショックで、呆然とした。
しばらくしたら、怒りもこみあげてきた。
考えたら、寂しさもわいてきた。
仕事への情熱が失われた。

異動の事実を知ってから、
部長とお会いする機会があった。
部長は元気そうに気丈に振舞っていて、
建設的なことをおっしゃっていた。
新人のときから見守ってくれていたので、
落ち込んでいる私のことにも気遣ってくれ、
「頑張りなさい」と言ってくれた。

帰り際、どうしてもこらえられなくて、
「部長がいなかったらこんなに頑張れませんでした」
と伝えたら、涙が子供みたいにぼろぼろこぼれた。
部長は温和な笑顔と、するどい目つきで、
私への評価の言葉をくれた。励まされた。
今こうやって書いているだけでも涙が出る。
読み返すときも涙が出てくる。

そのシーンがかっこよすぎて、ジーンとした。
ルックスとしてはメタボ気味だろうけど、
部長の魂が男前なのがよーく分かった。

本気で、ドキっとした。
恋にはならないが、これは恋にかなり似ている。

「サラリーマンはかっこいい」
ということに気付かせてくれたのも部長。
学生の頃はそんなこと一つも思っていなかった。

絶対にまた一緒に仕事ができるよう、
今までよりもっと大きな大きな仕事ができるよう、
あきらめることなく前進したいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/15

言葉とは。

吐く息の長さで気付く息を止め続けたままで好きでいたこと


一度寄稿させていただいた冊子「江古田短歌」を発行した、
「江古田短歌会」の新年の歌会に投稿した短歌です。

この会は日本大学芸術学部の学生が中心に活動しています。
結社「牡丹と薔薇」の相方、塩戸蝶子ちゃんが参加しており、
彼女のお誘いで短歌を出してみました。
私と蝶子ちゃんは、同大学の卒業生なのです。

仕事で歌会には参加できませんでしたが、
その場に大手出版社が出すとある短歌雑誌の、
編集長がいたそうです。

その方曰く
「この短歌は気持ちに技術が追いついていない」

あー。

会に参加していた、蝶子ちゃんには、
「やっぱり見る人は見るね」と言われました。

前々から感じていたけど、
私の短歌は描かれている気持ち(意味)が良くない限り、
良くないのです。
リズムや音の快感が弱い。

意味が何より大事なんだって、思い続けてきました。
リズムや音にまるめこまれて、
心情(=意味)を奪われてなるものか!
とも思ってきました。

でも、それって盲目で、開きなおりでした。
つまり逃げ! なんて乱暴な!
努力不足を正当化していたのです、
いかにも正論をかざしながら!
私は勉強をあまりにもしないもんでね。
勉強しなくちゃだめだと思った。

なにしろ、意味に甘えてはいけない。

そこで、皆さんが「言葉」について思うこと、
なんでもいいので聞かせてくださいませんか。
短歌のことだけじゃなくて、日常思うことで。
主に「意味」について、「リズム」について。
どんな些細なことでもいいです、
学ばせてほしいです。

ちなみにこの短歌はものすごく気に入っています。
だから、本質の意味を損なわないで、
もっと心情の伝わるいい音とリズムがあるなら、
それをどうか発見させてみせたまえ!!
・・・と自分自身の可能性に祈りたいです。
それにはまず、あきらめないで戦うことだわ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »