« 島田雅彦「佳人の奇遇」に出くわして | トップページ | 刺青を彫るなら »

2008/02/27

【特集】短歌を詠もう(悲しみ)

悲しみは目には見えないでも今は自分を鏡で見たくないとき


私にとって悲しいことは、自分を嫌いになることです。
たまに大嫌いになりますが、何とか好きになるようにもがきます。
その繰り返しです。

大切なものを奪われたとき、
不注意でミスをしたとき、
はっきりと気持ちを伝えられないとき、
気を落としている人をうまく励ませないとき、
頑張り切れず目標を達成できなかったとき。

自分を鏡で見るのが嫌になるときが、
そんなときです。

悲しみという抽象を具体にしてみる。
そしてあのような短歌になりました。

では、皆さんにとっては「悲しみ」ってどんなこと?
ぜひそれを57577に託してみてみませんか。
自分の思いをリズムに乗せたら、
新しい自分の気持ちを発見すると思います。


( )の中を埋めてあなたの思いを聞かせてください。
77の部分です。

悲しみは目には見えないでも今は(              )


さあ、どうぞ!


※ちなみに「悲しみ」以外のシリーズもありますので(笑)
 好評だったらまた記事にあげます。
 ブラウニングさんの意訳みたいに盛り上がったら、ね。

|

« 島田雅彦「佳人の奇遇」に出くわして | トップページ | 刺青を彫るなら »

コメント

悲しみは目には見えないでも今は
(教えてください私だけに)

一番乗りかっ!

投稿: またべえ | 2008/02/27 22:21

(見えても見えないふりしたいとき)
ベタでごめんよ!

投稿: min | 2008/02/28 02:09

人の瞳を直視出来ない

 ん~、詩的じゃないなぁ(笑)
 ユメギワさん、なんとかして~!

投稿: kaname | 2008/02/28 09:03

またべえさん、一番のりっ!
「私」は「わたくし」と読みたいですね。違いますか? 
わたくしって響き、わたしくし大好きです!
(早速使ってみました)
内容を言うと、悲しみを教えて欲しいだなんて、
どうしてなんでしょうか?
どうせなら教えてもらいたくないのに、
でも知りたいってことは「慈悲」ですね。
人を救いたくてそう思っているみたいな、
そんなやさしい雰囲気がします。
お人柄がにじみでています!って拡大解釈??

投稿: ユメギワ | 2008/02/28 18:12

minさん、待ってました。
なるほどー。本当は目に見えているって展開かぁ。
そうすると上の句が強がっているみたいに見えて、
ちょっと矛盾していてウラハラで、
きっとこの短歌の主人公は、強がりな女の子だなって
思えました。ちょっと可愛い仕上がりですね。
minさんらしいような、minさんらしくないような、
でもやっぱりminさんらしいって思いますよ。
良かったら、他の案もつくってみてください。
ベタじゃないやつにも挑戦してみてください!

投稿: ユメギワ | 2008/02/28 18:13

kanameさんは詩人さんじゃないですかー。
これはきっと私の短歌を受けて詠んだ歌ですね!
視線をそらしてしまう、その感じ、分かります。
詩的にこだわることはないと思いますよ。
でもちょっと「瞳」って日常で言わないから、
キザな印象を受けるのかも。石田純一は言いそう。
普通になるけど「あなたの顔を直視できない」はどうでしょう。
あ、そうすると「目」じゃなくなっちゃいますよねぇ。
もしくは、こんなのはどうでしょう?
「悲しみは目には見えないでも今はあなたの目にも僕は見えない」
<あなたの目に僕が映らない=あなたに僕が見えていない
 =僕があなたを直視できていない>
というように変換が面倒くさいけど、意味は一緒になります。よね?
でも、やっぱり、むやみに、まわりくどい。
それと「人」を具体的にするのもいいと思います。
「人」を「あなた」に変えただけでぐっと迫ってきますから、
「あなた」を「子供」にしても伝わり方が違うし、
kanameさんにとって「人」って誰なのか、
ちょっと探ってみてみるとおもしろいかもしれません。
ぜひっ!
長くなってしまいました!

投稿: ユメギワ | 2008/02/28 18:15

そうですねー。
テーマはズバリ愛です。うはは。こそばゆい~。
そして独占欲。
他人には見せない弱味を私だけには見せて欲しいってな感じで。
優しさと見せかけて、独占欲。と見せかけて、ひたむきな愛情。んー深いね~(深くないか

「わたくし」という案ももちろん考えたけど、どちらかというと女性目線で書いたので「わたし」なんです。

ユメちゃんの歌は、すごく共感してしまう。悲しみを具体化する表現としても、等身大で上手いと思います。

投稿: またべえ | 2008/02/28 22:02

悲しみは目には見えないでも今は私の一部なくなったまま


再び来てみたら、たくさんの書き込みにビックリ。
知ってる人もいるし(笑)。
短歌は書いたことないのでキンチョーです。

このお題を考えたとき、
あれっ?私って「悲しい」があまりないのかもと思いました。
寂しい、悔しい、情けないに置き換えられる感情ばかりで、純粋に悲しいとは・・・と考えてしまいました。
そこで、「悲しい」はきっと、大きな大きな喪失感なんだと思いました。
かけらでもなく、私の一部が突然切り落とされる感覚。

ということで、初めのユメギワちゃんの歌とは全然違う方向を向いてしまいましたが、先生、いかがでしょうか。

投稿: はたはた | 2008/02/28 23:02

はたはたさんに同感!と思って、また書いちゃいます(笑)
私もなかなか浮かばなくって、そう言えば”悲しみ”より”怒り”の方が多いみたいだな・・って感じました。
悲しかったのは、10年以上前に姉が亡くなった時。
それから、現在の妻と別れる夢を見た時(実は、たびたび見ます・笑)
それ以外は、多分怒ってばかりなのでしょう。(はい、B型です・笑)

さすがユメギワさんだなぁ。解ってくれてると思って嬉しくなっちゃいました。
まあ、実際は”君の目には確実に悲しい自分が写っているはずだから、絶対見たくないんだ”って感じですね。

でも、難しくなっちゃったから、他の進路に進んでみます。(ほんと自分勝手・笑)

悲しみは目には見えないでも今は全てのものに降り積もる雪

悲しみは目には見えないでも今はそんな顔してみるんじゃないよ!

悲しみは目には見えないでも今は風の中にもあなたを感じる

あ~、スッキリした!!(笑)

投稿: kaname | 2008/02/29 01:28

またべえさん

やっぱり愛かぁ。またべえさんから、
愛について聞かせていただけるなんて、ちょっと新鮮。
私もまたべえさんの短歌の心境、すごく分かります。
優しさも独占欲も愛情もごった煮になりますね。
実は自分のために優しくしているんじゃないか、とか!
応援してるくせに結局は誰にも奪われたくないんじゃないか、とか!
常に気持ちが空飛ぶじゅうたんみたいにゆらゆら揺れて。
だから恋愛ってすっごく体力いりますよね。疲れちゃう。
でも、それが最高なんですよね。ちょっと忘れたけど(笑)
いやー、まさか「悲しみ」から恋愛談義になるとは思いませんでした。
短歌ってだから楽しんですよ。どうもありがとうございますー。

投稿: ユメギワ | 2008/02/29 16:16

はたはたさん

キャー。ようこそ。はたはたさん!
偉そうに短歌指導みたいなことしちゃって、
はたはたさんに先生なんて言われてしまった。あわわ。
共感を呼ぶといえばはたはたさんの文章ですね。
解説がなくても気持ちが伝わってくる短歌です。
それから、純粋に「悲しい」ことの意味を考えてくださって感激!
ある気持ちに気付くことこそが短歌の醍醐味だからです。
先生として言わせていただくと、
(各方面から「言うのか!?」と突っ込まれそう・笑)
私の一部を体の部位に変換してもおもしろいかもですね。
kanameさんの短歌の「人」と一緒で、具体的にすると、
より突っ込んだ、自分の深いところにある感情を知れるかもです。
私だったら「肺」かなぁ。うまく呼吸ができなくなる感じから。
もし思いついたら聞かせてくださいね。

投稿: ユメギワ | 2008/02/29 16:17

kanameさん

奥様のこと大事に思っているんですねぇ、うっとり。
「悲しみ」って思い浮かばない方がいいですよ。幸せ。
でも、誰かの「悲しみ」を想像するのって大切ですよね。
kanameさんにはお姉さんがいらしたんだ、どんな方でしょう。
想像だと、強くて包容力のある方って感じです!
それから「怒り」はエネルギーですよね。
受ける側は大変だけど、そこからプラスのパワーを生むのが、
意外と簡単だったりするから、私も「怒り」は好きな感情です。
余談ですが「怒り」と言えば松本人志ですね~。
あの方の「怒り」は特に大好きです。

それから他の進路についてですけど(笑)

「悲しみは目には見えないでも今は全てのものに降り積もる雪」
これ、超いいですね!雪の降る様子を俯瞰しているイメージ。
マンションの最上階の窓から外を見ていて、
<あ、悲しいことって自分だけに降るんじゃなんだ。皆同じだ>って、
気付いたときの瞬間のよう。ドラマチックです。
「雪」というだけで音がシャットダウンされて、静けさが迫ります。

「悲しみは目には見えないでも今はそんな顔してみるんじゃないよ!」
これはもうkaname道(かなめどう、と読む)って感じ。

「悲しみは目には見えないでも今は風の中にもあなたを感じる」
これは、喪失感がテーマですね。
風が吹くとか、ほんのちょっとした瞬間に、
失った人のことを思い出すことありますね。
ちょっと語りが長くなりそうなのでやめておきますが。

あ~、長かった、またしても!

投稿: ユメギワ | 2008/02/29 16:18

いつの間にこんな楽しい企画を!(怒)
一報寄越せよっ!!(笑)
こんちくしょー!!!!(笑)

悲しみは目には見えないでも今は喉を流れるアイス、チョコミント。

チョコミントの甘いんだかさっぱりしてるんだかわかんない味を悲しみに例えました。
でも君は厳しい意見を書くんだよね!でもいいのさ!


投稿: ayako | 2008/02/29 17:47

お、待っていました、ayakoちゃん。よく来たね。
チョコミントかぁ、うまいなぁ。
スースーする感じのたとえとして、エクセレント!
口ずさむときの響きもとってもいいしね。
で、厳しい意見に関しては、、
「チョコミント」のあとの「。」には意味があるの?
私が読んだ限りでは意味をまったく感じないけど、
勢いで付けちゃったんじゃないの?
「、」はあった方がリズムがとれるからいい!
これは必然だと思います。いい使い方。
あ、最終的には褒めてしまった。

投稿: ユメギワ | 2008/02/29 18:23

うーん、「。」の必然性はあまりないかな。
「チョコミンツ」でもいいと思ったナー。迷った。

「悲しいけど、でもどうでもいいあたし」って感じがしてさ。
いや、うん、「。」は付けたいな。
句点だから、悲しみを切り止める意味なのかも。

でもそれは体言止で充分か?過剰か?
二句切れだからなー。やっぱいらないかも。

チョコミントのチョコの破片が悲しみとなりて流れる己の咽喉よ あやこ詠

投稿: ayako | 2008/03/01 02:10

悲しみは目には見えないでも今は悲しみだけを探してしまう

初短歌で緊張してます((笑)
先生 いかがでしょうか

投稿: MAR | 2008/03/01 03:45

悲しみは目には見えないでも今は遠く感じるみんなの笑顔

悲しみは目には見えないでも今は埋もれていたい日々の瑣末に

悲しみは目には見えないでも今は街の全てが地雷のようで

悲しみは目には見えないでも今は意識して上げる口角と声

悲しみは目には見えないでも今は責められるよな秒針の音


ユメギワちゃんに提出するのは、
なんだか仕事のコピーチェックのよう(笑)。
書いてみると、ユメギワちゃんが言ったように共感する短歌、いわゆるベタな感じになってしまうなぁと自己分析。


投稿: はたはた | 2008/03/01 10:08

「悲しみは目には見えないでも今は絵の具でいるの」 「決意だね」 「ね」


ユメちゃん先生大盛況。喚起力のある皆さんの歌から色とりどりの情景を読み取る腕前には、きっとふだんの創作で洗われたセンスが生きているのね。抽象から具象ってむずかしい、でも面白いね。胸騒ぎのafter school的なシチュエーションで一首!

投稿: oko | 2008/03/03 12:47

★ayakoちゃん。

「チョコミンツ」ってちょっと笑いを誘う感じ。
「チョコミント」の方がすんなり入ってくるかな。
どちらにするかでだいぶ印象は異なるねー。
あと、体言止めで十分。おなかいっぱい。
新しい短歌のほうは、チョコの破片っていうのがおもしろいな。
「のどにひっかかったのかな」って、想像してしまいますね。
そんなこと一切触れていないのにね。想像してしまいますよね。
チョコがガラスのように感じるつくり、うまい。てか、好き。
飲み込むの、怖いもんねー。でも飲むしかないみたいなね。

投稿: ユメギワ | 2008/03/03 16:13

★MARさん!

やだ、はじめての短歌ですね!!すっごい、MARさん。衝撃!
この短歌の心意気ってよく分かります。自分が悲しいと、
例えば海を見ていても、月を見ていても、
ドラマを見ていても、悲しいことばかり考えてしまうから。
いつもだったらそんな風に思わないのに、ってことですよね。
「悲しみは目には見えないでも今は悲しみだけを見つけてしまう」
と変えた方が、その意味に近づくかもしれないですね。
あ、でも私の思っている意味とは違っていたりして。
だったら反論お願いします。(奥様のminさんでもいいですよ~)

投稿: ユメギワ | 2008/03/03 16:14

★はたはたさん♪

わぁ、5案もキャッチを作ってくれたんですね!
請求書発行できませんが、いいですか??みたいな。
それぞれアプローチが違って素敵ですね。
特に好きなのは下記です。
「悲しみは目には見えないでも今は街の全てが地雷のようで」
・・・街が地雷みたいっておもしろいですね。
ヒルズの展望台や東京タワーから東京の建物を見るとき、
あのビルもこのビルも「地雷だわ」なんて思ったことはなかったけど、
悲しいことが続いたりしたら、もしかしたら、そう思うかもしれない。
この短歌の共感は単なる「よく、あるよね」の共感じゃなくて、
「あー、そんなこと思ったことなかったけど、そうだよね」
という一歩先いく共感ですよね。発見&共感。
だから、断トツに素晴らしいと思いました。だってゴジラの気分。
私の短歌の百倍いいです。ああ、先生の威厳なし!
(っていうか、短歌の先生ってほど短歌を知らないし!)
「悲しみは目には見えないでも今は責められるよな秒針の音」
こちらも「ごくり」という音が聞こえてきそうな、
ドキドキした感覚があっていいなぁって思いました。

投稿: ユメギワ | 2008/03/03 16:15

★okoさーん

普段短歌を詠まない方たちの短歌を読めるなんて、
うっとりしちゃう企画でしょう。我ながら絶賛中。
皆さんが57577の77に格闘している様子を想像すると、
楽しい気分になってきますー。お風呂でも考えたかしら、とか。
さて、あなたの短歌だけど、何を言っているのか、この子は!
「絵の具でいる」ってなんなの?「決意」なの?そうなの?
挑戦状のような短歌だなぁ。その挑戦、受けてたとうじゃないの!
だけど、この短歌は3つのセリフで成り立っている、
という点がまず珍しく、楽しいでしょう。
だから「絵の具でいるの」がもっと普通のことだったら、
逆にもっとおもしろいのではないか、と思うのです。
「悲しみは目には見えないでも今は絵の具がいるの」「決意だね」「ね」
とかだったら、もっと想像力を働かせる気がおきない?
なんで絵の具がいるんだろう、何か描くつもりなのかなぁ、って。
どんな絵を描くつもりなのかなぁ、って。ま、フツーなんだけど。
それは先生としての立場をなんとなく守るために書きましたが、
okoさんのは深読み願望をそそるつくり。ぜひ読む。
お風呂で考えてまた後日に提出しますー。
ayakoちゃんあたりも解釈をぜひ提出してみてください。

あと、皆さん、それぞれの皆さんの短歌に関して
ご意見があったら聞かせてくださいね。ぜひっ。

投稿: ユメギワ | 2008/03/03 16:18

>「悲しみは目には見えないでも今は絵の具でいるの」 「決意だね」 「ね」

okoちゃんの。
高校時代、美大を志す友人のデッサンやクロッキーの手伝いをしながら、けしごむ代わりのパンを食いつつ、話し込んだことを思い出します。
ちょっと現代口語に侵食されすぎ?な感はあれど、忘れてた思い出を抉ったんで、☆2つあげたいです。

投稿: ayako | 2008/03/03 19:02

お返事ありがとうございます。

ユメギワちゃんの読み方が、私が書いた世界と違っていたのが面白かったです。
ちなみに私が書いたのは、もっと単純。
説明しないほうがいいのかなとも思うけど、
ここはお教室だから、書いてみます。

匂いにも、音にも、風景にも、味にも、風にも何もかもに
失ったものを思い起こさせるきっかけが潜んでいて、
それに触れてしまうと、突然、前触れもなく、
心が悲しみにつかまってしまう。
知らぬまに、涙がこぼれていたり、
いろんな後悔が頭をめぐったり・・・。
街は、そんな地雷だらけだ。
(たったひとつの悲しみのために、地雷がたくさんある)


私はMARさんの短歌も、そんな感じで読みました。

ひとつの悲しみがここにあって、
その悲しみばかりを見つめてしまう日々。
そんな感じかなって。

きっと、私がそういう人間なんだろうな。


投稿: はたはた | 2008/03/03 22:50

ayakoちゃん、どうもありがとう。
たしかに美術室の匂いがしてきそうな感じだ。
私は高校時代には美術部の友達はいなかったので、
中学時代だな。二つに髪を結っていた友達の、
お喋りじゃないけど芯の通った感じの印象が思い出された。
「決意だね」って言いそうだな、あの子!(笑)
<悲しみは目には見えないでも今はメトロノームの目盛60>
・・・吹奏楽部バージョンでつくってみました。
ayakoちゃんもなんかつくって、部活短歌!

はたはたさん、ありがとうございます。
書き手の想いと読み手の感じ方が違うことが、
短歌では本当にしょっちゅうあります。
楽しいですよね。説明していただいて良かったです!!
はたはたさんの意図どおりに読んだ方も、
このブログを見ている人の中にいるはず。
もしかしたらMARさんもそうかも、と予想。
短歌は読むのも詠むのも自分の発見に直結しますよね。
だから好きです。自分の心も、人の心を見たいからです。

投稿: ユメギワ | 2008/03/04 12:52

うちの旦那さんが
こちらの記事の、投稿短歌数の多さにびびっていました(笑)

みんな すごいですねー
どーやってもわたしにはやっぱり31文字は難しいよ

ところで、okoさんの短歌
短歌や言葉を愛してらして
とっても技術がある方が、くずして、変形にトライしてみてる感が
とっても好きです 
 本当は実力がすごくあるのに、
なんていうのかしら、はじらいやはにかみをもって普段
それを出さないでいるみたいな。
 写真にたとえると、スタンダードやストレートに撮ることをを知らないまま
崩したり、技術を先にだそうと意気込んでいる写真ってその部分が鼻についたりするけど
okoさんの歌はそういうものが一切排除されていて素敵です
はたはたさんの歌も見られるなんてーー うは!ユメちゃん大盛況だね
また企画してね 

投稿: min | 2008/03/04 18:06

投稿短歌数の多さにびびっているのは誰よりも私です。
想像以上の反響で楽しかったです。
しかも短歌をほとんど作ったことがない人ばかり。
はたはたさんとMARさん(minさんの旦那さん)が衝撃的でした。
お二人とも短歌じゃない分野でプロフェッショナルさんたちだから、
その分野で培った力が発揮されているんだと感じました。
はたはたさんはコピーライティングで、MARさんはカメラで。
それと、okoさんの短歌、絶賛の嵐!素敵!
彼女もayakoちゃんも、私と同じ文芸学科の同窓生だから、
文章の力がある方たちなんだって、分かるんだわ。
確かに、minさんがおっしゃっているようなことってありますね。
とてもじゃないけど、私にはできない技です。
それでayakoちゃんに色々と技術について指摘されるのであった!
なのに偉そうに皆様、失礼しました、先生じゃないですよ。
これからもよろしくお願いいたします。
※あ、まだ、コメントも短歌も受け付けますよ~

投稿: ユメギワ | 2008/03/04 18:38

悲しみは目には見えないでも今はなんとかひねって短歌にしてみる

あっはっは~!
凄い盛り上がりですね。
何だか嬉しくなっちゃいました♪

投稿: kaname | 2008/03/04 21:43

人生の今、60じゃあ遅ぇーーーー!!!
142ぐらいの速さで生きないとついてけない。
ときどき乗り遅れてます。

投稿: ayako | 2008/03/05 02:39

★kanameさん
もうもう、そのとおりで!
盛り上げてくださって、
どうもありがとうございましたー。

★ayakoちゃん
私だって60で生きた覚えなんてないわ~!
142はいいかもね、ちょうどね。
お互い、一拍目に「チーン」という音をならしながら、
楽しい人生を歩んでいきましょうよ。

投稿: ユメギワ | 2008/03/05 10:17

すっげー落ちてたけど、元気でた。
明日の朝、一拍目ガツンと鳴らして、プレストの裏打ち、タンキング・スタカートで生きるわ!!!
b♭から全スケールイッキにいきましょう!!!!

投稿: ayako | 2008/03/05 23:48

ちょっと何言ってるかわかんない!
BYサンドウィッチマン

投稿: ユメギワ | 2008/03/06 10:38

悲しみは目には見えないでも今は
        流れる涙が描いてしまう


通りすがりで稚拙なものをすみません (o´人`)

投稿: しおる | 2008/03/07 14:53

しおるさん、はじめまして。ようこそ!

ループする短歌ですね!
「涙が描いてしまう悲しみ」と元に戻る。
そのループが、悲しみが悲しみを呼ぶみたいでいいと思いました!

投稿: ユメギワ | 2008/03/08 01:13

コメントが増えていないか、いまだにチェック中!(笑)

投稿: kaname | 2008/03/09 22:50

kanameさんならば短歌を詠んでみてこちらにコメントしてくださいな

(一応57577)

投稿: ユメギワ | 2008/03/10 12:42

shioruちゃんの短歌 素敵だね~
夫婦でほれぼれ!
kanameさん 新作早く!
(↑人には強気)

投稿: min | 2008/03/10 14:03

そんなことをいうminさんが投稿したらいいんじゃね?

投稿: ユメギワ | 2008/03/10 18:48

そうだよねユメギワさんの言うとおり短歌でなければつまんないよね!

そういえばなんかお題があったよね?そんな気がしてトップにもどる(笑)

悲しみは目には見えないでも今は君の優しい視線が痛い

投稿: kaname | 2008/03/10 20:22

そういえばなんかお題ありましたよー。
でも、短歌じゃなくても楽しいですよ。
サンドウィッチマンネタでもいいです。

さて、短歌ありがとうございます。

痛いですね~、痛いです。
人の優しさに触れると、
「私ってなんて卑しいのか」とか、
自分の優しさのなさに気付かされて、
ますます落ち込んだりします。
でも、その落ち込みは元気になる兆しですね。

投稿: ユメギワ | 2008/03/11 12:04

ぎゃー ユメギワちゃんの返しが可笑しい
(まーくんがびびってました)

新作の企画見たよ
今おなかがくだってて全然浮かばない、、
夜じっくり考えてみます!

(kanameさん サンキューw)

投稿: min | 2008/03/12 14:32

まあ。おなか、大切に!
いつでもいいので、ゆっくり考えて、
minさんのお考えを聞かせてください。

まーさん、あれが私の本性です、にやり。

投稿: ユメギワ | 2008/03/12 15:54

>minさん
おなか、大切に!(コーラスですv)
コメントありがとうございます。絵の具とか決意とか強い言葉が出てくるぶん、会話形式で卵とじのようにさっぱり、ふんわりと閉じるようにしたいなあ・・・という気持ちで書いたので、挑戦を誉めていただい内容、赤面しつつもうれしかったです。撫ぜてもらった頭の周りにはまだいい匂いが漂っているかのよう。ポーッとして、ボー。

>ayakoちゃん
もらった星はおでこに貼って喜びます。ありがとー。二つもあるの、明けの明星と宵の明星かしらね。えへん。おほん。

>DJユメちゃん
すご腕、盛り上がったね。こうなったらコメント数が50になっちゃえばいいのに!いろんな歌から見える景色にはそれぞれのピントのあわせ方があって、読んでいて楽しかったな。数多き発見に拍手。やんややんや!

投稿: oko | 2008/03/13 23:26

>明けの明星と宵の明星
別に「月」をやったわけではない…是。
「星」だ。
「月も星です。」と言われればまあ、そりゃそうかもしれないけど…

竹箒で取れる程度の星だから月を渡しはしてない筈です 
ayako詠

投稿: ayako | 2008/03/14 01:44

okoさん
YO!YO!
どうもありがとう。随分と盛り上がって楽しんだね。
こういう盛り上がりは発見があって気持ちがいいよね。

投稿: DJユメギワ | 2008/03/14 12:00

横レスではありますが、先日逝去なさった上田現さんへの挽歌を詠みました。

悲しみは目には見えません。
でも今は……
素晴らしい曲を残してくれた彼に、私にはこういう形でお返しをすることしかできない。

御高覧いただけたら幸いです。
http://blogs.dion.ne.jp/tanca_blog/archives/6934310.html

投稿: ayako | 2008/03/16 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/40290379

この記事へのトラックバック一覧です: 【特集】短歌を詠もう(悲しみ):

« 島田雅彦「佳人の奇遇」に出くわして | トップページ | 刺青を彫るなら »