« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/26

独創力-爆笑問題のニッポンの教養を見て

昨日の「爆笑問題のニッポンの教養」を見た方いませんか。

京都大学の講堂での出張討論会。
400人の生徒と主要教授7人と爆笑問題の太田さんが、
激しくバトルしていました。

テーマは「独創力」。

独創力というのは無から生まれるのか。
全く新しい独創力なんてあるのか。
今自分が話をしていることは、
誰かが言ったことの寄せ集めじゃないのか。
真のオリジナリティは存在しうるのか。
そもそもそんなにオリジナリティって良いものなのか。
別にそう思わない人もいるんだけど。
でも、見たこともない新しいものを見たいじゃないか。
それに、何かを創り出すオリジナリティではなくて、
自分だけしかできない「反応」というものもあるんじゃないか。
例えば恋愛だって二人にしかありえない「反応」がある。
恋愛でいえば、相手を好きでありながら、相手を通して、
自分を好きになりたいんじゃないのかと思うこともある。
つまり「滅私」とは「自己表現」ではないのか。

たくさんの問いかけが散らばって、
太田さんが教授と喧嘩して本気で怒ったり、
小難しそうな京大生の話に真剣に耳を傾けていた。
田中さんはぐちゃぐちゃになったときうまくまとめる、
太田さんの素晴らしいパートナー。図太い人だと思う。

相手を理解させようとすると声はうわずって汗もにじむ。
余計に混乱させたりもするし、自分も混乱する。
相手の意見を聞いたら考えが少し変わったりもする。
そういう経験が人を感動させるのだと思った。
そして自分もとんでもなく感動する。
とってもいい経験をテレビでした。

あー、こんな実のある会話というものが、
私はしたいのだった!! 真の触発、だ。
それが人生の目的だと言っても過言ではない。
でもどこか怖くてできない自分もいた。
そういうの、もうやめようと心から思えた。

太田さんは自分のために喋っているようにも見えた。
話に夢中になってテーマを忘れてしまったり、
論理的じゃない論理を展開していたりして、
こちらがヒヤヒヤした。それが気持ち良くて!
やっぱり恐れたりしちゃダメだと感じた。

昨日は、脳がときめきっぱなしだった!
(それで「すべらない話」を見逃す失態…)

だけど、そのインプットが、
人生を美しく変えないのだったら、
いくら本を読んでも、教養番組を見ても、
むなしい。

ときめきを伝播させなければ、
ときめきが持続しなければ、
その場限りの一発芸。

あらゆる余韻を楽しみたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/14

結婚適齢期

正しさが息づいている背中とかひざの裏とか短い髪とか


ついにきた!

なにが?

縁談が!

ひいいぃ!

うちのおばあちゃんのお友達の八百屋さんが
「下宿人の子でいい子がいるけどどう?」と。
「バイクが大好きで、アウトドア好きのいい子だよ」と。

幸いなことにおばあちゃん自身が乗り気でなく、
うやむやにしてもらえそう。

だけど、私もそんなお年頃なんだなあ!!
今、結婚適齢期っていつなんだろ。

もし、その方が、
「読書が好きで、研究所で働いていて、
 休みの日は落語を見に行くのが好きないい子だよ」
だったら、気持ちが揺れたであろう。

常に思っていたい。
「私の人生は私にとってなんと正しい!」って。

たぶん、ここに載せた短歌のような瞬間のことを、
結婚適齢期っていうのだと思っています。

皆さんはどんなときが結婚適齢期だと思いますか?
もうすでに結婚されている方については、
どんなときに結婚適齢期(結婚しようと思ったとき)
を感じましたか?

教えてください。
(別に短歌にしなくていいですから!)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/12

刺青を彫るなら

火葬場に消える刺青 何を見て何を感じて生きてきたのか


安室奈美恵ちゃんの新曲、聞きました?

ものすごーいかっこいいです。
ヴィダルサスーンのCMもいいっ!
心がおだやかでいられないわ、
ドキドキドキドキ。

彼女のことを調べてみたら、
離婚後にこのようなタトゥーを彫ったそう。
--------------------------------
JUN.30 in 1950
my mothers love live with me
Eternally in my heart
R.I.P
MAR.17 in 1999
HARUTO
--------------------------------
お母さんの誕生日と亡くなった日、
息子さんの名前が描かれているそうだ。

デザイナーの中島英樹さんは「デザイン」、
よしもとばななさんはバナナのイラスト。
それぞれ刺青は自分の生き方を表現している。

では、みなさんに質問です。
「自分で今、刺青を彫るとしたら、
 なんていれますか??」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »