« 結婚適齢期 | トップページ | 【特集】短歌を詠もう(やさしさ) »

2008/03/26

独創力-爆笑問題のニッポンの教養を見て

昨日の「爆笑問題のニッポンの教養」を見た方いませんか。

京都大学の講堂での出張討論会。
400人の生徒と主要教授7人と爆笑問題の太田さんが、
激しくバトルしていました。

テーマは「独創力」。

独創力というのは無から生まれるのか。
全く新しい独創力なんてあるのか。
今自分が話をしていることは、
誰かが言ったことの寄せ集めじゃないのか。
真のオリジナリティは存在しうるのか。
そもそもそんなにオリジナリティって良いものなのか。
別にそう思わない人もいるんだけど。
でも、見たこともない新しいものを見たいじゃないか。
それに、何かを創り出すオリジナリティではなくて、
自分だけしかできない「反応」というものもあるんじゃないか。
例えば恋愛だって二人にしかありえない「反応」がある。
恋愛でいえば、相手を好きでありながら、相手を通して、
自分を好きになりたいんじゃないのかと思うこともある。
つまり「滅私」とは「自己表現」ではないのか。

たくさんの問いかけが散らばって、
太田さんが教授と喧嘩して本気で怒ったり、
小難しそうな京大生の話に真剣に耳を傾けていた。
田中さんはぐちゃぐちゃになったときうまくまとめる、
太田さんの素晴らしいパートナー。図太い人だと思う。

相手を理解させようとすると声はうわずって汗もにじむ。
余計に混乱させたりもするし、自分も混乱する。
相手の意見を聞いたら考えが少し変わったりもする。
そういう経験が人を感動させるのだと思った。
そして自分もとんでもなく感動する。
とってもいい経験をテレビでした。

あー、こんな実のある会話というものが、
私はしたいのだった!! 真の触発、だ。
それが人生の目的だと言っても過言ではない。
でもどこか怖くてできない自分もいた。
そういうの、もうやめようと心から思えた。

太田さんは自分のために喋っているようにも見えた。
話に夢中になってテーマを忘れてしまったり、
論理的じゃない論理を展開していたりして、
こちらがヒヤヒヤした。それが気持ち良くて!
やっぱり恐れたりしちゃダメだと感じた。

昨日は、脳がときめきっぱなしだった!
(それで「すべらない話」を見逃す失態…)

だけど、そのインプットが、
人生を美しく変えないのだったら、
いくら本を読んでも、教養番組を見ても、
むなしい。

ときめきを伝播させなければ、
ときめきが持続しなければ、
その場限りの一発芸。

あらゆる余韻を楽しみたいものです。

|

« 結婚適齢期 | トップページ | 【特集】短歌を詠もう(やさしさ) »

コメント

太田総理とか、ニッポンの教養、好きなんですけど、疲れてるとテンション高い太田さんについていけなくなります……
でも議論は好きだな。私も。
自分の意見は曲げないけど、そういう考え方もあるのかーって思いたいから。
物事は多角的に見たいからね。
視野を広げたいし。

※えこたんはF島先生の自宅に保管してあるそうで、鶯谷の自宅の今度取りに伺うことになりました。要る?ならば大目に貰ってくるが。

投稿: ayako | 2008/03/27 09:44

太田さんのエネルギーには圧倒されるよね。
私は「いつまでも付いていきたい!」って思わされます。
でも意外と太田さんは黙って人の話を聞いて、待つの。
議論で大事なのは、人の話を真剣に聞くことだと感じます。
お互いの視野が広がってお互いが爆発するような、
とんでもない反応が起こるのは、そういうときで。

投稿: ユメギワ | 2008/03/27 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/40637348

この記事へのトラックバック一覧です: 独創力-爆笑問題のニッポンの教養を見て:

« 結婚適齢期 | トップページ | 【特集】短歌を詠もう(やさしさ) »