« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/08

【特集】短歌を詠もう(やさしさ)

やさしさは目には見えないでも今は未来ばかりが目に入るとき


柴崎友香さんの小説『ショートカット』を読んだ。

柴崎友香さんが注目をあびるようになったのは、
行定勲監督が映画化した『きょうのできごと』からでしょうか。
ごく普通の大学生のごく普通の一日を書いた作品です。

ちょっとした日常の変化の瞬間を淡々と描く作家さんで、
小説家の保坂和志さんも評価しているとか。

さて『ショートカット』は、それぞれの作品の中に、
共通する登場人物がいる連作の短編小説集です。

作者は大阪出身で、作中の人物も関西弁を喋る。
関東圏で暮らす私には関西弁は珍しいので楽しくて、
余計に彼らがいきいきしているように感じさせた。
身近にいる友達みたいで、引き込まれる。

短編の中に「やさしさ」というのがある。
その中に「やさしさ」についての微妙な提示があって、
<そうか、そうだ、そういうことなんだ!>
とは全然思わなかったけれど、変な余韻がある。
「やさしさ」ってなんだろう、と、
この小説を離れて、勝手に考えている。

ちなみに、この短歌は『ショートカット』を読む以前に詠んだ。
読んだあとでもやっぱり、今日現在の私の答えはこれに尽きる。

さて皆様、お題ですからねー。

やさしさは目には見えないでも今は「           」

「    」の中をうめてみてください!

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »