« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/29

阿佐ヶ谷スパイダース「失われた時間を求めて」

万が一失われたら取り返すだけのことです 彼も時間も


阿佐ヶ谷スパイダース「失われた時間を求めて」を観劇した。

今回は阿佐スパメンバー三人(長塚圭史、中山祐一朗、伊達暁)、
あともうひとりは、奥菜恵。

会場のベニサンピットは、学生演劇の箱かというぐらい狭い。
10列ぐらいだからキャパは200人ぐらいでしょうか。

そして、内容も学生演劇みたいだった…!

四人の、あるようでない関係性と、意味深なセリフ、
何かしらの役割が分かれているであろう壁で仕切られた舞台。
そもそも四人に共通する時間が存在していない模様。
ストーリーもなく、哲学的なムードが漂っていた。
こういうのって、学生演劇によくありませんか。

とにかく超不穏。

耐えきれず寝ているお客さんが続出していた。
私は意味を読み取ろうと脳に汗をかくような想いで見た。
だってね、好きだから、信じているから。
でも、意味は、分かり切っていないと感じている。

一番印象的だったのは中山さんの役の、言い分。

『俺は毎日残忍なことを考えている最低な男なんだ。あんなやつらは死ねばいい、殺してしまいたい。ずっと毎日そんなことばかり思っていた。そして俺は今日ついに行動に出た。大家を家ごと丸焼きにして殺してしまおう、と。ガソリンを用意した、火をつけようと思ったんだ。そして、俺は試してみた。こんなときにどうなるか試してみたんだ。くじをひいてみた。そしたら、これだ、こんなに儲けてしまった(と言って、札束を振りまく)。今から、残忍に人を殺そうとしている人間が!過去最高に儲けてしまった。こんなお金など、俺には意味がない。俺が信じていたものは間違っていた。こうだと信じていたことが、本当はこうだったのだ。俺はどうしたらいいのだ。』

つまり「自分のことなんか神様は見ていない!」という怒りと悲しみ。
それに振り回された命の人のセリフ。

確かに不条理だなあと思うことがこの世にはいっぱいある。
今自分がこうだから明日こうなる、という証明がないように見える。

だけど、私は、くじが当たったことこそが証明じゃないかと思った。
神様がいるかどうかが問題じゃなくて、
自分が自分を助けることができると知るべきだもん。
彼の役が、不憫に思えてなりませんでした。

誰かや何かを試すようなことをする人生は悲しいです。
それでは、あまりにも受け身だからです。

私もつい、相手が自分をどう思っているか探りを入れたりするし、
気付いてほしいと思いながら、表現しないで期待をするだけとか、
器の小さい行動をしてしまうこともあります。

弱いから仕方がないんだけど、そういう行動は「相手ありき」です。
だから、絶対に絶対に、行き詰る。

神様がどうとか、家族がどうとか、他人がどうとか、
自分の人生にどれほどの関係があるのでしょうか?
そりゃあ、ないとは言い切れないけど、あるとも言い切れない。

時間だってそう。時間が経ちすぎたからこうだとか、
時間が足りないからこうだとか、そんなことは言えるのか。
そりゃあ、言えるけど、言ってしまっておしまいでいいのか。 

時間を重ねることは、主体性を確立していくことであって欲しい。
そして、自分の力を誰かのために使っていくことを目指したい。
それが真の成長じゃないかと今は思います。
そういう生き方は身近な年配の方が、身で教えてくれています。

お芝居のメッセージは感じる人によってそれぞれだろうけど、
私としてはそんな風に思いました。

これまでの阿佐ヶ谷スパイダース作品と全然違うから、
見た直後は「あれ~?」って感じは否めませんでしたが、
やっぱりよく思考すると何かを受け止めさせてくれる、
そんな阿佐ヶ谷スパイダースがまだまだ大好きです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/13

VIVA!佐渡裕!

蜘蛛が糸紡いで世界を広げてくコンサートホールの白壁

指揮棒が振り上げられて観客は自然と祈りを捧げてしまう


テレビ朝日で放送中の「題名のない音楽会」
公開録画に行ってきました。
会場は昭和女子大学人見記念講堂。
2000人を超える人数が入る歴史のあるホールです。
そこで佐渡裕(さどゆたか)さんの指揮姿を、
拝見することができました!

世界中の方にお礼状を書きたい気分!

世界的に有名な小澤征爾さんに才能を見出され、
ミュージカル「ウエストサイド物語」を
作曲したことで知られ、
カラヤンと並んで天才と呼ばれる
故・バーンスタイン最後の弟子。
それが佐渡さんです。

187cmの大柄。
背筋がぴんと伸びている。
こんなに美しい後姿は見たことがない!
アスリートのようなんです。

おおらかでユーモア溢れる人柄は、
話し方にあらわれています。
現在は「題名のない音楽会」の司会で
そのことを証明していますので、
日曜朝9時、テレビ朝日をどうぞご覧あれ。

この日は二本撮り。
「バーンスタイン特集」と「山下洋輔特集」だ。
どっちも佐渡さんが指揮を振るという!!
放送の内容はネタバレになるので遠慮。
でもどうしても言いたいから言っちゃうと、
山下洋輔さんのジャズピアノ早弾きは圧巻ですね。

そして、佐渡さんの指揮を見ていると心がときめく。
華麗で気品があり、ダイナミック。
空気を切断しているように激しいかと思えば、
空気を撫でているかのようにやわらかい。
その体が音楽を、鳴らすことなくつくりだす。
見るだけで人を励ましてしまう指揮だ。

「わたしもあんな風に振舞えないものか」
と思った。

話がかなり飛躍するけれど、それはつまり、
ラーメン屋さんの湯きりのとき、
美容師さんの真剣な目つきとハサミ使い、
警備員さんの姿勢と岩のような立ち方、
そういうお仕事独特の振る舞いと、
その尊さは、なんら変わりないと思う。

美しい仕事は人の心を満足させる力を持っているものだ。

さて、あなたはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »