« VIVA!佐渡裕! | トップページ | 【特集】短歌を詠もう(愛情) »

2008/05/29

阿佐ヶ谷スパイダース「失われた時間を求めて」

万が一失われたら取り返すだけのことです 彼も時間も


阿佐ヶ谷スパイダース「失われた時間を求めて」を観劇した。

今回は阿佐スパメンバー三人(長塚圭史、中山祐一朗、伊達暁)、
あともうひとりは、奥菜恵。

会場のベニサンピットは、学生演劇の箱かというぐらい狭い。
10列ぐらいだからキャパは200人ぐらいでしょうか。

そして、内容も学生演劇みたいだった…!

四人の、あるようでない関係性と、意味深なセリフ、
何かしらの役割が分かれているであろう壁で仕切られた舞台。
そもそも四人に共通する時間が存在していない模様。
ストーリーもなく、哲学的なムードが漂っていた。
こういうのって、学生演劇によくありませんか。

とにかく超不穏。

耐えきれず寝ているお客さんが続出していた。
私は意味を読み取ろうと脳に汗をかくような想いで見た。
だってね、好きだから、信じているから。
でも、意味は、分かり切っていないと感じている。

一番印象的だったのは中山さんの役の、言い分。

『俺は毎日残忍なことを考えている最低な男なんだ。あんなやつらは死ねばいい、殺してしまいたい。ずっと毎日そんなことばかり思っていた。そして俺は今日ついに行動に出た。大家を家ごと丸焼きにして殺してしまおう、と。ガソリンを用意した、火をつけようと思ったんだ。そして、俺は試してみた。こんなときにどうなるか試してみたんだ。くじをひいてみた。そしたら、これだ、こんなに儲けてしまった(と言って、札束を振りまく)。今から、残忍に人を殺そうとしている人間が!過去最高に儲けてしまった。こんなお金など、俺には意味がない。俺が信じていたものは間違っていた。こうだと信じていたことが、本当はこうだったのだ。俺はどうしたらいいのだ。』

つまり「自分のことなんか神様は見ていない!」という怒りと悲しみ。
それに振り回された命の人のセリフ。

確かに不条理だなあと思うことがこの世にはいっぱいある。
今自分がこうだから明日こうなる、という証明がないように見える。

だけど、私は、くじが当たったことこそが証明じゃないかと思った。
神様がいるかどうかが問題じゃなくて、
自分が自分を助けることができると知るべきだもん。
彼の役が、不憫に思えてなりませんでした。

誰かや何かを試すようなことをする人生は悲しいです。
それでは、あまりにも受け身だからです。

私もつい、相手が自分をどう思っているか探りを入れたりするし、
気付いてほしいと思いながら、表現しないで期待をするだけとか、
器の小さい行動をしてしまうこともあります。

弱いから仕方がないんだけど、そういう行動は「相手ありき」です。
だから、絶対に絶対に、行き詰る。

神様がどうとか、家族がどうとか、他人がどうとか、
自分の人生にどれほどの関係があるのでしょうか?
そりゃあ、ないとは言い切れないけど、あるとも言い切れない。

時間だってそう。時間が経ちすぎたからこうだとか、
時間が足りないからこうだとか、そんなことは言えるのか。
そりゃあ、言えるけど、言ってしまっておしまいでいいのか。 

時間を重ねることは、主体性を確立していくことであって欲しい。
そして、自分の力を誰かのために使っていくことを目指したい。
それが真の成長じゃないかと今は思います。
そういう生き方は身近な年配の方が、身で教えてくれています。

お芝居のメッセージは感じる人によってそれぞれだろうけど、
私としてはそんな風に思いました。

これまでの阿佐ヶ谷スパイダース作品と全然違うから、
見た直後は「あれ~?」って感じは否めませんでしたが、
やっぱりよく思考すると何かを受け止めさせてくれる、
そんな阿佐ヶ谷スパイダースがまだまだ大好きです。

|

« VIVA!佐渡裕! | トップページ | 【特集】短歌を詠もう(愛情) »

コメント

>万が一失われたら取り返すだけのことです 彼も時間も

たぶん取り返さないと思う。
でもそこをそう詠うのは私は嫌いではないです。
「万が一」って言ってるからね。妙な自信が感じられます。

わたしは、人のものになったらもう要らないです。
そういう子なのです。

投稿: ayako | 2008/06/01 09:28


すいません 途中でうとってしまった客の一人です
わたしはユメちゃんほどほかの演劇に全然詳しくないけど
本当、ずっと前にみたとある駆け出しの劇団の、
抽象概念を淡々と描いていた演劇を思い出しました
 言いたい事がわかるようで、私には難解。
文学や脚本の世界に精通している玄人さん向けの
お芝居なのかもしれないね
 イヌの日の衝撃が大きかっただけに うーん。。

ところで 私はユメちゃんの後半の記事を会社でこのエントリを
拝見したときから気にしていました
 私も同じような事を何度か記事にしたことがあるけど
受け身の人生や選択を他者に委ねて、あとから
なにか失敗した事をそのせいにして安心するような生き方
はいやですね 
 自分も長女だし両親の期待とかに「相手ありき」の行動パターンを
とっていた時期に(言葉にしてかくとクサいが)そういう自分が
いやだったなー。

 今じゃ一人っこ?とかすえっこ?なんて言われるくらい
相当我が強くなっているけど、、女性は体内とけいがある分
年をとればとるほど、後悔のないよう好きな事を好きなときに
やっておきたい感が強くなっているよ。それでも今のほうが
昔より毎日が楽しいな それって自分の生き方に嘘がないからだよね
(と超ポジティブ思考)、周囲に迷惑さえかけなければ
そういう生き方をし続けていたいね!

投稿: nyoroko | 2008/06/01 12:53

自宅のPCが故障したため返信が遅れました。
失礼いたしましたー。

●ayakoちゃん
「万が一」っていうのは偉そうでいいよね。
根拠のない自信があるのが、若さかしら。
わたしは人のものになっても、欲しいものは欲しいです。
だけど、相手が自分を欲しがっていないのなら、
それはもう欲しがってもむなしいので、
欲しがらないように努力して、必ずそうなります。
そういう子なのです。

●nyorokoさん
私も他の演劇には詳しくないですよー。
「イヌの日」とは圧倒的に志向しているとこが違うから、
比べても意味がないかもしれませんね。
そういう意味では残念だったかもです・・・!

あと、受身であろうがそうでなかろうが、
人生は結構順調にいってしまうんですよね。
私自身もそのタイプです。
だけど、与えられたことがあったら、
それに取り組む時間を自分のものにする強引さや、
周りに影響されすぎない図太さをもって暮らしている方が、
いいかなって思うようになりました。
その方が結果的には誰かを助けられるし。

まだ、わからないですけど!

自分のポジティブを誰かにも伝播させて、
一緒にニコニコできるような友人が
もっとたくさん増えると良いと思いますよね。

私にとってコメントをくれた二人は、
そういう存在です。
いつもどうもありがとうございます。

投稿: ユメギワ | 2008/06/08 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/41361606

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷スパイダース「失われた時間を求めて」:

« VIVA!佐渡裕! | トップページ | 【特集】短歌を詠もう(愛情) »