« 【特集】短歌を詠もう~どこかへ~作者発表 | トップページ | 新宿の空 »

2008/08/24

truth

傘の柄を握る左手その腕を見惚れることを禁じる雨粒

目をつぶるぐらい許して音だけの最後の最後の花火の一滴

奪われたものの多さでよく見える光よ けして触れはしないが

透明な願いが透明すぎるから後戻りはもうできないのです

抱きしめた理由は問わない 夢ならば 夢なら愛したままでいいから

Dsc_0152_4

金曜ドラマ「魔王」の世界が好きすぎて、
ついに短歌を詠んでしまった!!

|

« 【特集】短歌を詠もう~どこかへ~作者発表 | トップページ | 新宿の空 »

コメント

イイネ!good

1番目の短歌は、序盤の直人の気持ちにもリンクするよね。
しおりを信じていなかったのに、気付けば縋っている……。

3番目は、逆に、あの真っ赤な部屋にいる成瀬の決意みたいな感じがする!触れはしないと言いながら、あの部屋から出た成瀬は、触れてしまうのを止められない気がするから。

ドラマが終わったときに、ユメギワちゃんがどんな短歌を詠みたくなるのか、また楽しみだ!

元気と刺激をありがとう。魔王会の開催を楽しみにしています!

投稿: はなえ | 2008/08/24 00:40

わー、どうもありがとう!
なるほどー。
すばらしい解釈だなぁ、愛があるよ。
すっごい熱が出た。
自分のこの、あふれそうな想いを
キャッチしてくれて嬉しいよ。

あの、赤い部屋は成瀬にとって、
気持ちを切り替える砦なんだよね。
なんかね、それも、悲しいよね。
そのあたりも詠みたいなと今思った。
ドラマを見ていない人にも、
通じるようなものを詠めるといいんだけど。

ともかく、ありがとう!!

投稿: ユメギワ | 2008/08/24 01:01

>傘の柄を握る左手その腕を見惚れることを禁じる雨粒

これ、すごいいいと思った。
『魔王』に関しては一切知識がないのですが、雨粒が涙を想起させて、グッときたねぇ。
でも褒めてばっかだと悔しいので、敢えて言いますと、「左手その腕」というのは手から腕へのイメージの移行が惜しい!
「左手」と具体的にあげていながら、「その腕」だと、なんかイメージが一瞬途切れる。

傘の柄を握るひだりうで其のうでを見惚れることを禁じる雨粒

にするね、私なら。
韻律には厳しいほうですが、これは壊した方が「うで」が生きると思うの。
なぜならこの歌のキモは「うで」だから!

投稿: ayako(ドラマ見ていない人) | 2008/08/27 22:18

コメントありがとう。
「雨」と「傘」はあのドラマのキーワードなので、
それを表現したいと思ったのでした。
具体的にはこういう場面はないんだけどね。

なるほど、腕がキモに感じられたのか!
腕は手より肉体って感じがして、
生々しさがあるよねー。

実は、わたしの中では、
傘の柄を持つ左手を見とれて、
そして腕に見とれて、
そこから顔を見ようと思ったけど、
それ以上はダメなんだみたいな、
躊躇している感じを、
体のラインにそって表現したかったのだけど、
ぜんぜんできてなかったね!
雨粒が落ちてきて、
見惚れていたことに気付いたその人の、
理性と欲求のハザマを書きたかった。
ああ、文章力の不足に毎日すこし落ち込みます。

昨日の雨にも、さまざまな人たちの、
劇的なドラマがあったことでしょう。
すごい嵐だったねー。

投稿: ユメギワ | 2008/08/30 14:06

>そこから顔を見ようと思ったけど、
>それ以上はダメなんだみたいな、
>躊躇している感じを、
>体のラインにそって表現したかったのだけど、

ならば、

傘の柄を握るひだりうで其の先を見惚れることを禁じる雨粒

というのはどうだろう。

傘の柄の湾曲から、握る左手、手首、腕と繋がると思うの。
「うで」自体が傘の柄の構図とも重なるし。
雨粒が涙になって、顔を見るのを遮るともとれるし。
「其の先」というのが含みだね。
敢えて「顔」と描かないところが、短歌だ。(と思う)

個人的にはユメちゃんが「身体感覚」を描こうとしてるのが新鮮です。
私の専売特許みたいな気がしていたから(笑)


>ああ、文章力の不足に毎日すこし落ち込みます

そのために「推敲」や「添削」と謂う言葉があって、このブログがあるのではないのかい?

投稿: ayako(ドラマ見ていない人) | 2008/08/30 21:18

なるほど、「その先」はいい! すごいいい!

傘の柄を握る左手その先を見惚れることを禁じる雨粒

「其の先」という言葉より「その先」、
「腕」よりも「手」の方が、
わたしにはしっくりくるので上記としました。
先っちょは手というより指だけど、たとえば、

傘の柄を握る親指その先を見惚れることを禁じる雨粒

にしちゃうとまた意味が変になっちゃうしね。

ありがとう、すごくいいたいことが言えた。
「その先」という単語の広がりがいいよ!

身体感覚に関しては、最近はなかったんだけど、
やっぱり、これは、恋の原点ですもの!

投稿: ユメギワ | 2008/08/30 23:51

>恋の原点
そんなの忘れたなー… やべー。
恋、しよう。

んでも個人的にはキモは「腕」なんだー!!
「左手」より「腕」なのよー
しつこくてごめん。

いったん身体感覚に目覚めると、生きてる世界が不思議に見えるから。
小指を曲げると薬指も曲がる、という人間の構造上必然な事までも、ポエティックになってくる。

投稿: あやこ | 2008/08/31 04:25

気になるのが腕か、手か。
自分がどちらにそそられるかもあるけど、
相手の方によって、Aさんは腕が気になる、
B君は手が気になる、というのがあるね。
それはふしぎだなって思います。
けしてフェチじゃないのだな!
いずれにせよ、からだなしに
恋は語れないですなー。

投稿: ユメギワ | 2008/09/04 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/42252625

この記事へのトラックバック一覧です: truth:

« 【特集】短歌を詠もう~どこかへ~作者発表 | トップページ | 新宿の空 »