« 【特集】短歌 電話の口実~作品発表! | トップページ | NHKケータイ短歌で紹介された! »

2008/12/26

【特集】短歌~電話の口実~作者発表

結果発表だよ~。お待ちどう!

①今日ずっと鼻声だったよね それを言うためだけにただ電話したんだ(またべえ)

②あるがままの君が好きです それを言うためだけにただ電話したんだ(ユメギワ)

③質問形のメールだったしそれを言うためだけにただ電話したんだ(nyoroko)

④ツーツーと受話器は泣いてそれを言うためだけにただ電話したんだ(ayako)

⑤「ロンブーは兄弟じゃない!」それを言うためだけにただ電話したんだ(ayako)

⑥僕からの手紙、届いた?それを言うためだけにただ電話したんだ(ユメギワ)

⑦ゆきだゆきだゆきだゆきだただそれを言うためだけに電話したんだ(kaname)

⑧彼ダッフルコート着てた!それを言うためだけにただ電話したんだ(はなえ)

⑨ドッグイヤーなんてうまい事名付けたねそれを言うためだけにただ電話したんだ(nyoroko)

⑩もう二度と電話しないで それを言うためだけにただ電話したんだ(ユメギワ)

⑪もう二度と電話はしないそれを言うためだけにただ電話したんだ(ユメギワ)

⑫俺だ俺サンタクロースだよ それを言うためだけにただ電話したんだ(またべえ)

⑬ひさびさに前髪切ったそれを言うためだけにただ電話したんだ(はなえ)

⑭それってばそれはそれですそれを言うためだけにただ電話したんだ(ayako)

⑮明日はうお座が一位だよそれを言うためだけにただ電話したんだ(nyoroko)

⑯おつかれさまよく頑張ったね それを言うためだけにただ電話したんだ(ユメギワ)

⑰M1はナイツが優勝 それを言うためだけにただ電話したんだ(ユメギワ)

⑱家の電気が止められたそれを言うためだけにただ電話したんだ(nyoroko)

⑲二千円札がでたんだそれを言うためだけにただ電話したんだ(ユメギワ)

⑳部屋で小人がみえたんだそれを言うためだけにただ電話したんだ(nyoroko)

|

« 【特集】短歌 電話の口実~作品発表! | トップページ | NHKケータイ短歌で紹介された! »

コメント

ギャー!
ゴメンナサイゴメンナサイ・・・

投稿: またべえ | 2008/12/26 11:07

え、え、え?
なんですか?

投稿: ユメギワ | 2008/12/26 17:26

いや、よりによって⑰と⑲の歌を批評してしまったよ・・・。
生意気でゴメンナサイ。
師匠!
俺の歌も批評してやってください。

投稿: またべえ | 2008/12/26 21:45

あ、①のは改案ありがとっしたー。

投稿: またべえ | 2008/12/26 21:47

ああ、⑰と⑲はまーさんからも、
評判が悪かったみたいですね(笑)
M1の優勝はナイツと書いたら、
優勝すると思ったんですけどね。
っていうか、ナイツが好きすぎて、
ナイツって言いたかっただけみたいな!

⑫は57577にしたほうがいいかもですね。
「俺だ俺サンタクロース!それを言うためだけにただ電話したんだ」かな。
ナイスアイディアな短歌ですばらしいと思います。

投稿: ユメギワ | 2008/12/27 00:14

あ、ナイツのファンなのね
塙の声がもう少し大きいといいのにといつも思う。

今回は下の句が77じゃないですよね?
短歌で字余り字足らずが認められる(?)場合ってどういうときなんでしょう?

31文字じゃ収まらない!それを言うためだけにただ電話したんだ

なーんてなw

投稿: またべえ | 2008/12/27 22:10

↑これ!すっごくいいですねぇ!それを言うためだけにただコメントしたんだ。。

投稿: kaname | 2008/12/27 23:58

塙さんの声が小さいって感じたことがなかった!
恋は盲目ってやつでしょうか。

ところで今回は下の句は77ですよ?

○○○○○
○○○○○○○
それを言う
ためだけにただ
電話したんだ

音の切れ目が意味の切れ目と異なるので、
わかりにくかったかもしれません。

あと、字余り字足らずが認められる場合の定義、
わたしは正解を知りません…。
誰か、歌人のえらい人が、
ずばり言っているかもしれませんが。

よく言われるのは、短歌を詠みなれない人は、
57577にこだわることが大切だということ。
それが「基本」だからですね。
「基本」を知らないで、いきなり舞台に出て、
成功することはまれですものね。どの分野でも。

あと、俵万智さんが、「短歌にとってリズムは、血液のようなものではないかと思う。ハートから送り出されたリズムが、歌のすみずみまで駆けめぐるとき、歌は生き生きしたものになる。血のめぐりが悪いと、肩がこったり顔色が悪くなったりするのと同様、リズムがどこかでつっかえてしまうと、歌の力も弱くなってしまうようだ」と書いていたことがあります。

とてもわかりやすいたとえですね。

でも、逆に、リズムの狂いの中に
「意味」があることもありますが。

そして、わたしの場合は、
「自分がしっくりくるかどうか」という、
肉体感覚をいちばん頼りにしています。
とても曖昧な指針ですが、
57577じゃないほうが自然、
という風に感じることはよくあります。
でも、説明はできません。
これを説明できないのは問題ありですね。
がんばりたいです。

投稿: ユメギワ | 2008/12/29 02:06

ご自由に
コメント書いて
それを言う
ためだけにただ
コメントしたんだ

投稿: ユメギワ | 2008/12/29 02:09

あ、そか。
今回は5・7の部分でしたね(テヘッ
テヘッじゃねーよ、失礼しました。

なるほど、やはり定型詩・律であるということが短歌の前提ということですね。そうですね、何でも基本が出来ないとだめですね。
以前から感じていたことは、芸術世界、特に美術の世界に似ているなということ。短歌の有名な方の歌を見ても意味がわからなかったり、なんで自由律になってたりするのかわからなかったりして、「素人にはわかりづらい抽象的な世界」のように感じることがあります。だから同じ芸術でも音楽よりは美術だなーと思ってました。
たぶんそう感じるのは、単に僕がまだ音楽のように身近なものに感じられていないからだと思いますけど。
そして僕が短歌を最も身近な文学だと捉えられるようになるにはもっと読んで詠まなければいかんのかなーという気がします。
いやいや、難しく考えすぎだったかな。
とにかくまずは基本ですね!うんうん^^
んで、俵さんとゆめちゃんのお話を心に留めときます。律を崩すときはアツーイものがあるときですね。そんな解釈しました。
短歌好きなのでがんばりますよ。ありがとう。

あ、kanameさんナイスフォローな短歌で楽しいです。

投稿: またべえ | 2008/12/29 12:18

短歌はぜんぜん身近じゃないですよね。
やっててもそう思います。小説の方が身近。
短歌は文学の中でもマイナーな分野ですよ。
校則の厳しい学校が敬遠されるみたいに、
短歌であると認識しただけで、
何か身構えて読まれてしまうようだし、
それがまあ短歌を面白くさせる理由です。

自由律には「理由」はあると思いますが、
それを読者側が正確に感じる必要はなく、
「なんだかわかんないけど、いい!」とか、
「あの日のことを思い出すなあ」とか、
そのぐらい思うままに鑑賞するほうが、
「自分にとってよい」のではないでしょうか。
別に批評家になりたいのでなければ、ですが。

美術も「なにこれ、意味わからん!」という作品の中でも、
「それでも、これはこんな意味かもな。違うか?」
と探りたくなる作品と、
「ま、いっか。次に行こう」
となる作品とが、あると思います。

でも、一位だったり、古くから残る作品には、
かならず魅力があるものですよねー。
だから、そのわからない魅力を探るために、
お風呂の中の暇な時間をつかったりするのは、
世界と自分の距離を縮めるので面白いですよ。

投稿: ユメギワ | 2008/12/29 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/43531290

この記事へのトラックバック一覧です: 【特集】短歌~電話の口実~作者発表:

« 【特集】短歌 電話の口実~作品発表! | トップページ | NHKケータイ短歌で紹介された! »