« 乙女会文芸部、文学フリマに出店 | トップページ | 趙南淵さんについて »

2009/05/21

文学フリマ、万歳!

文学フリマからもう1週間以上経ってしまいました。
改めてご購入いただきました皆様に感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。

今回の我々の冊子は販売分30冊が完売。
次回の文学フリマにて、
バックナンバー販売用に数冊残っていますが、
まぼろしの一冊になるのではないかと思っています。
(部数が少ないと必然的にまぼろしになってしまう、
 というからくり)

さて、今回の文学フリマでは、
自分が出店しただけでなく、
よそ様の作品も購入させていただきました。
わたしの文学フリマ史上はじめでです。
三回も出店しているのに!

その唯一の作品、
趙南淵さんの短編小説が、
素晴らしかったのでした。
詳しくは次の記事に書かせていただきます。

この出会い以外にも、
フリマ当日にきてくれた友人が、
乙女会文芸部第2号の
わが短歌連作「カイロの娘」について、
丁寧に想いを話してくれたのを聞いて、
かなり嬉しかった。

自分が書いた短歌が、
他人になにかしら届いた感触を味わうのは、
お風呂に入ったとき、
ためいきがでるのと似た安心感とともに、
背後からお坊さんに渇を入れられたような
緊張感もあります。

やはり書くことはコミュニケーションです。

そのことをたまに忘れてしまうこともありますが、
忘れては思い出していきたいなと思いました。

一緒に文学フリマを楽しんでくれた、
乙女会文芸部のみんなにも、
心を込めてありがとうございました!!

|

« 乙女会文芸部、文学フリマに出店 | トップページ | 趙南淵さんについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/45087106

この記事へのトラックバック一覧です: 文学フリマ、万歳!:

« 乙女会文芸部、文学フリマに出店 | トップページ | 趙南淵さんについて »