« 谷川俊太郎「トロムソコラージュ」を読んで | トップページ | 牡丹と薔薇6号をドロップ! »

2009/07/04

島田雅彦「徒然王子」を詠む

靴底が擦りきれてなおふくらはぎ剥き出しでゆく森の細道

島田雅彦「徒然王子第一部」読了。

「カオスの娘」の流れが色濃い。
「カオスの娘」では、
現代日本にシャーマンがいたらどうなる?
ということを描いたエンタテインメント小説だったが、
今回は皇太子様を彷彿させる王子が、
シャーマンの手を借りて国を変えようとしたらどうなる?
という展開。
やばさがますます発展した、
エンタテインメント小説だった。

わたしは「カオスの娘」に感銘を受けたために、
「カイロの娘」という短歌連作をつくってしまったぐらい、
大好きだったけど、
今回もまた書きたくなった。

自分が大切に思っていること、
世界が大切にしたらいいと思うことが、
圧倒的なフィクションの力で、
とてもストレートに書かれている。

最近よく思うのは、
フィクションの物語から、
ノンフィクションの心をまなびたい、
という点だ。
それが文学の使命だろう。
これについてはまた今度。

話は戻って、この作品の、
義父の性的暴力から逃げてきた家出少女、
挫折からドラッグにそまったエリート少年、
セックス依存症の母娘とか、
偏見から実子を奪われた若い母親など、
被害者を徹底的に見つめる視点には、
拍手を送りたい。
文章で抱きしめてあげているみたいだ。

いくらフィクションとはいえ、
こういう人たちは確実にいる。
つい最近もこれに近い話を友人から聞いたばかり。

だけど、その人たちは、
とてもつつましく生きている。
それに比べて、傲慢な人の多いことよ!
わたしもだ!やだ!

この作品には、
自分の前世を探すために、
深い山道を越えてゆくシーンがある。
その描写は身体で感じられそうなほどに、
鮮明に伝わってくるきつさがあった。

「走れメロス」のメロスみたいに、
ドロドロとした自分の汚い心を感じながら、
傷まみれになるのを覚悟で、
果敢な姿勢で歩いていかなくては、
自分の大切な部分なんかは、
見つかりっこないんだよ!!

そういうことをふくらはぎにこめて、
詠んだ短歌でした。

OLだってね、ふくらはぎ剥き出しで、
頑張ってるんです!

あなたのふくらはぎは?

|

« 谷川俊太郎「トロムソコラージュ」を読んで | トップページ | 牡丹と薔薇6号をドロップ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75155/45536507

この記事へのトラックバック一覧です: 島田雅彦「徒然王子」を詠む:

« 谷川俊太郎「トロムソコラージュ」を読んで | トップページ | 牡丹と薔薇6号をドロップ! »