2006/08/25

浅野いにおさんの漫画「ひかりのまち」

悲しみが乾いてすぐに消えてゆきまた湧いてきてすぐ乾いてく


浅野いにおさんの漫画「ひかりのまち」
(1巻で完結)を読みました。

舞台は「ひかりのまち」と呼ばれる新興住宅地。

主人公の小学生男子は、
ひかりのまちの団地に住む自殺志願者が
スムーズに自殺できるように段取りを組む
「見届け屋」で小遣い稼ぎをしている。

彼が好きな女の子はこの団地で乱暴された経験があり、
事件のあった現場の近くのバス停のベンチで、
犯人をいつも探している。
いまだ見つからない。

もうこの二人だけでも重たいんだけれど、
実際はもっと重たいんです。
これから読む人もいるかもしれないから、
ネタばれしない程度に感想を書きます。

非常に狭い集合団地の世界で、
ひょんな人間関係の繋がりを見せながら、
うねりをあげてゆくオムニバス漫画です。

とにかく「気まずさ」がよく書かれています。
読み終えてどっと疲れました。
気まずいのって疲れるものですね。

それだけじゃなくて、この疲れは、
登場人物たちの乾きのせいでもあると思います。

漫画に登場する彼らを見ていたら、
よだれたらしたっていいから甘えたらいいのに
と思ってしまいました。

建設的な甘えっていうのはあるはずです。
弱みを見せるのが、強くなるためのステップ、
だったりすることはきっとあります。

誰かの力を借りることで、
自分の治癒力が出てくることって確かにあるでしょう。

なのに「ひかりのまち」の人たちは、
自分しか信じていないというか、
何も確かめないで決めている。
自分を信じすぎているのだ。
やさしいけど、それじゃ、かなしいじゃんか。

そんなんで、「誰がハッピーになるわけ?」※
と思ってしまいましたよ。

※TBS系日曜劇場の「誰よりもママを愛す」で
 田村正和演じるパパの名言。

そんなんじゃ、悲しみの正体を捕まえられないじゃないか。

とがった気持ちで思ったんじゃなくって、
とても寄り添う気持ちでそんな風に思いました。

「がんばれ」という感じで。

ちなみに「ひかりのまち」という同じタイトルの
イギリス映画があるらしい。
同じ街に住む人たちのオムニバス映画。
これも、どこか空しさや気まずさのあるお話らしい。

影響されているのか、関係があるのか、
偶然なのかは知らないけども、
機会があったらこちらの映画も見てみるといいかも。

Photo_1

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006/06/07

浅野いにおさんの漫画3(最終章?)

さよならを追いかけてゆくさよならを認めてしまった証拠だけれど


宿題提出日です。一日遅れですが。

テキストは浅野いにおさん「ソラニン」。
kanameさんの模範解答は前回のトピックスをご覧ください。

問1 「ソラニン」の歌詞、最後の四行。

三十分ぐらいうんうん言いながら考えましたが、考え付きませんでした。
よって今日の短歌を提出します。

kanameさんのを見てみると、このお題は「自分にとって〈さよなら〉とは何か」という気がしたので、このような短歌にしました。

わたしにとって過去は追いかけるもの。
素晴らしい過去ばかりがあるのでつい。

kanameさんはポジティブな方なんですよね。
さよならは始まり!しかもそれしかないからさよなら!

心底わかります。

問2 共感したところ。

芽衣子がテレビを投げ付けるところ。
「たくさんのもしもがあたしを襲ってくる」のくだり。

自分のせいではないことで自分を攻めて憤る。
この憤りはあまり意味のない、憤ったところでどうなるもんでもないもの。

だからテレビでも投げなきゃやってらんなかったはずだなぁと思いました。
わたしが芽衣子でも投げます。
こういう辛いときに暴力的になってしまう瞬間って、共感してしまいます。

河原でのビリーと芽衣子の泣きシーンはキレイですよね。
なんとなくkanameさんはビリーみたいな人なんじゃないかと思っています。
一緒に泣いてくれそうだから。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/06/02

浅野いにおさんの漫画2

こんな日に限って雨が降ってくる絶望の中でもプチ絶望


浅野いにおさんの「ソラニン」についてkanameさんがいろいろ語ってくださったので、わたしも改めて思いをめぐらせて、また新しく短歌を書いてみました。

この漫画は、プチ絶望について書いてるように思いました。
今は「絶望の重さが軽くなってる時代」であると感じざるを得ませんでした。

自分も含めて、若い人が弱ってきているんですね。
それは、感受性が鋭いという言葉で語れる範囲じゃないと思います。

わたしに限って言えば、
絶対に弱いままでいたくなんかないです絶対。
もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/05/26

浅野いにおさんの漫画

空中に跳んでしまった魂を追いかけて逝くような青春


わたしと同じ世代、80年代初頭生まれの漫画家、浅野いにおさんの「ソラニン」を読んだ。

いかにもこの世代の子が描く漫画だ。この世代にしかうけない気がする漫画でもある。

どうなのこのセンス、みたいな部分も多々あるんだけど、クライマックスにあるライブシーンがすばらしいので全部帳消しにしてあげられる。

浦沢直樹さんの「20世紀少年」でケンヂがギターをひくシーンも鳥肌がぞぞぞとなったけど、これもだ。

ライブをやることの恐怖が描かれている。恐怖は快感でもあるんだけど、でも、ライブってやっている人はとっても孤独で寂しいんだということが、このシーンで分かる。悟ってしまいそうになった。自分が体験したかのように。

今回の短歌は、この漫画の空気を再現したもの。

Photo

| | コメント (14) | トラックバック (0)