2009/06/13

谷川俊太郎「トロムソコラージュ」を読んで

くちびるに守護霊が憑依した今日はやさしい言葉だけを交わそう

美しい詩を読み上げるというのは、
なんて快感なんだろう。

谷川俊太郎さんの新作詩集「トロムソコラージュ」を
図書館で借りてきたのは五日前。
それから声を出して読み上げたのは一回だけで、
あとはランチのあとか電車んなかで、
頭ん中で朗読したのが五回。
それでもなんとも気持ちいいんだ。
やみつきになっている!

表題である「トロムソコラージュ」は
14ページに渡る長い詩だ。
ここで立ち読みできます。

頭ん中はめまぐるしく変動する。
好きな人のことを思った瞬間に、
道にある花に目を奪われて実家を思い出したかと思うと、
カレーが食べたいと思って、
そいえばキムチ最後に食べたのいつだっけだとか感じて、
古い友人がいまどこにいるかとふいに考えたり、
ある人が大好きだった日々のことを引っ張りだしたあと、
その人を大嫌いになった夜の踏切が鳴った気もして、
太田光と宇多田ヒカルの人生を切なく思っては、
今日は熱っぽくてはやく帰りたいと決めたあとすぐに、
宇宙の法則を妄想したりする。

それはもうめまぐるしい思考のアドベンチャーだ。

谷川さんの「トロムソコラージュ」も、
思考がアドベンチャーしていて素敵。
読んでいると、好きな人に好きだって言われた
翌日のような気持ちになる。
(…ずいぶん味わってない)
そういう、あまい気持ちだ。

あの三行に向かって
アドベンチャーしてたんだなって思うほどの、
ささやかな結論がいいです。
しかもその三行は中盤にある。

悲しいことで落ち込んだあとにも、
この詩はそこにあるというのか!
なんて素晴らしいんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/09

どんなにきみがすきだか

夕焼けが世界を迎えるときみたく大きな色で君が好きだよ


もう知っている方もいると思うのですが、
わたしは大学時代の友人と「牡丹と薔薇」という
たった二人きりの短歌結社をつくっています。

その相方である友人の塩戸蝶子さん(もちろん筆名)は、
漫画とか小説とか絵本とか音楽とか、
彼女が気に入っているものをよく送ってきてくれます。

最近(といっても1ヶ月以上前ですが)くれたのが、かわいい絵本。

「どんなにきみがすきだかあててごらん」

かわいさに、胸が小さく高い音で鳴りそうな本でした。
グロッケンの音だね。

ちいさなウサギとおおきなウサギのお話。
二匹はお互いがお互いをどのぐらい好きなのかを伝え合います。

チビウサギが先攻で、デカウサギが後攻。
ちいさな、かわいい戦いが始まります。

まずは、体で表現します。
両手を広げて、「こんなにさ」って。
でも、おおきなウサギの方が体が大きいから負けてしまいます。
動きもそう。
デカウサギは大きな体で大きく動けるから負けてしまいます。

でも、最後にはちいさなウサギが勝つんです。
というか、おあいこかなぁ。
というか、勝負じゃないじゃん、これって。
だって、お互いが深く深く好きなんだもの。
なんて素敵なウサギたち。

そして、こんな本をくれた彼女は素敵だと思いませんか。
なかなかやるじゃないか。
改めて、いつもありがとう。

* * * * * * * * * * * * * * *
「どんなにきみがすきだかあててごらん」
マクブラットニィ 文
ジェラーム 絵
小川仁央 訳
/評論社
* * * * * * * * * * * * * * *

どんなに君のことが好きか、君は分かってくれているかな。

わたしだったらこう言おうと思って書いた短歌です。
伝わるかしら。

あなただったらどう言いますか。
もし良かったら聞かせてください。
(別に短歌じゃなくていいんですYO!)

もしくは内緒にしても良いから、考えてみてくださいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/08

峯田君と、念写

神様にお願いをするもう二度と言葉で死んでしまわぬように


先日横浜で、友部正人さんがプロデュースする
ポエトリーリーディングのイベントがあった。

谷川俊太郎さん、遠藤ミチロウさん、宮沢章夫さんなど
とてもパワーのある人達と共に、
銀杏BOYZの峯田和伸君も出演した。

峯田君がその時に即興で作ったという詩が彼のブログに書かれていた。
それを読んでこの短歌を作った。

本当にすごいなといつも思うけど、言葉は現実を引き寄せてしまう。

決意を口にすると、夢が叶ってしまう。

催眠か?暗示?

言った途端によーいドン!で言葉は走り出す。

意思を露骨に念写する。

念写と言えばこんなことをやってる人がいた。
本気でバカだなぁと思う。
でも、何だか素敵だ。

光がさす気配は、ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)